ニュース 塾長便り

高校生講師として戻ってきてくれた、卒業生

投稿日:

2014年の開塾時、中学1年生だった女子生徒K.Kさん。
入塾以来、まじめな彼女は当塾の指導をよく理解し、1年目にして学校の成績はオール5を取るようになりました。

そして今年は、第一志望の都立高校(偏差値65)に晴れて合格。
先日、その報告を兼ねて当塾の高校生ボランティア講師として、2017年度の授業を手伝いに来てくれました。

「いつか生徒が、教えられる側から教える側になってくれれば、嬉しいよねぇ!」
塾の運営をし始めた時から、スタッフ達と語り合った夢が現実になり、私たちスタッフもとても嬉しく感じました。
IMG_5188 16.14.36
※ 顔出し等の許可はご本人とお母様より、いただいています。
名前の表記は当塾の判断により、イニシャルとさせていただきました。

成功に導く、PDCAスケジュールの作成

当塾の売りは給食や課外授業、そして生徒や保護者への“ココロ”メンテナンス(メンタルケア)ではありますが、週に一回の授業をより有効に利用してもらうためにも、家での勉強を含めたスケジュールの作成を「ステップアップシート」への記入として義務づけ、大切に指導しています。

そもそもKちゃんが頭の良い子どもであったことは間違いありませんが、当塾のお陰で癖がついたと言うスケジュール管理法は、勉強はもちろん部活を含む生活の中でも活用してくれていたそうです。
その話を聞き、私たちは当塾の指導法に改めて自信を強めるとともに、彼女を心から誇りに感じました。
8617

顔を出してくれることへの感謝

国内の教育格差問題は、受益対象者となる子ども達の「顔」が出しにくいプロジェクトです。途上国支援と違って、子ども達の喜ぶ顔や保護者の顔は、プライバシー上の観点からなかなか表に出せません。

しかし、実質3年の時間がかかりましたがようやく実績とともに笑顔の生徒を、しかも高校生のボランティア講師として戻ってきてくれた彼女について、記事にすることができました。

長い時間がかかりましたが、これも継続的なご支援をくださるみなさまのお陰だな、と感じました。
本当にありがとうございます。

と言うわけで、団体初のLPとなる支援特設ページも本日より公開させていただきます。

http://support.stepup-unesco.com

これからも1人、また1人と増えていくであろう、彼女の後輩達が明るい未来を歩けるよう、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

-ニュース, 塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IMG_0744

特殊(支援)学級を勧められた子どもの実例

「今、学校の担任から特殊(支援)学級に通うよう、勧められてるんです・・・。」 先週の土曜、とある保護者から相談を受けた。 確かに今年から通塾している彼女の娘は小6だが、かけ算や割り算が出来ない上にコミ …

hirose

「インターネットを使って○○する」 – 廣瀬大

4月からボランティア講師で参加させていただいております、サイバー大学4年の廣瀬 大(ひろせ おおき)と申します。  ※写真は夏合宿の際の様子 今回は、初めて「先生のお話」をしましたので、その原稿と感想 …

健太先生のお話し ~「学ぶ」ということについて~

こんにちは。ステップアップ塾事務局です。 2017年になり、残す授業数もわずかになってきました。 今日は、今までなんとなく授業の時間を過ごしてきてしまったみんなに向けて、 健太先生からの「学ぶ」という …

20160310SUJ_KOUSHI_REQ_ページ_1

【拡散希望】2016年度 学生講師(大学生・高校生・専門学生)募集について

会場移転も正式に決まり、2016年に向けて新たな塾運営がスタートします。 つきましては、学生講師ボランティアを継続してくれるであろう早稲田大学の学生を中心としたインカレサークル「ステップアップルズ」は …

READY

クラウドファンディングにチャレンジ

「クラウドファンディングとは?」 不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。 …

記事カテゴリー