講師の日記

ステップアップシートの意味 〜吉田大輝先生より〜

投稿日:

こんにちは!ステップアップ塾代表講師の吉田大輝です!

20140731_SUS_01

今週は涼しかったこともあってか、
暑かったころに比べ、子供たちは静かに勉強に励んでいました。
最近は比較的自分勝手だった生徒が、
給食の時間に自分の2回目のおかわりの前に1回もおかわりしていない生徒がいないか、
確認している様子が見られてすこし嬉しくなりました。笑

さて、今週は「ステップシートってなんで書くの?」というお話をしました。

ステップアップシートってなんだ?とお思いになる方も多いと思います。
ステップシートというものはこのステップアップ塾で使用している、
PDCAサイクルを取り入れた勉強を管理していくものです。
開塾から生徒に書かせているのですが、
生徒がなんで書いているかをあまり理解せずに書いている様子だったので、
ここで改めてステップアップシートをどう書くか、なんで書かせているのかを生徒に伝えました。

PDCA[計画を立て(P)それを実行し(D)結果を確認、評価し(C)よりよくするための改善点を考える(A)]
のサイクルを勉強において当てはめることで学力UPをはかるのはもちろん、
これを習慣化することで日常生活の様々なところで応用できます。
小中学生のころからこれを意識して生活している子供はそうそういないでしょう!笑

一見単純なものですが、
PDCAサイクルを活用する上でとても重要なのが「目標・目的」が必要だということ。
計画を立てるにはなにか目標・目的がないと立てることが難しい。
できたとしてもそれはモチベーションが続かず長くは続きません。

そこで僕は子供たちに自分たちの「夢」を目標にしてステップアップシートを書いてごらんと提案してみました。

子供たちはそれぞれとても素敵な夢を持っています。
将来の夢はある?と聞くとキラキラした目で答えてくれます。

僕は勉強ができないことが理由で夢をあきらめてほしくないと思っています。
予備校で働いていた時期、
生徒が自分のやりたいことができる志望校の試験に落ち、泣いている姿を見てきました。
もちろんその学校に行けなかったからといって夢を追えなくなるわけではないだろうし、
ひょっとしたらそこで新しい夢が見つかるかもしれません。
しかし、小さい頃から目指していた夢を学びたいところで学べるというのはすごく幸せなことだと思うし、
夢に近づける最短の道の1つだと思います。

ステップアップシートを使って計画、実行、確認、改善を繰り返し、
少しずつ自分の夢に向かって近づいてくれればいいなと僕は思っています。

皆様、今後も生徒の成長をお楽しみに!

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://support.stepup-unesco.com/

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

講師たちから生徒たちにプレゼント!ハロウィンパーティー!

はじめまして。学生講師の江釣子です。 10月20日に行ったハロウィンパーティーの報告をしたいと思います。 クリスマスパーティー同様、季節の楽しいイベントを積極的に行ってみようということで、 今年から始 …

「ニガテとの向き合い方」- 高木あかり

はじめまして。 8月から下北沢校で講師をしております、 東京農業大学応用生物化学部栄養科学科1年の高木あかりです。 あかり先生!という響きにもだんだん慣れてきました。 さて、本日は先生のお話の時間に、 …

「インターネットを使って○○する」 – 廣瀬大

4月からボランティア講師で参加させていただいております、サイバー大学4年の廣瀬 大(ひろせ おおき)と申します。  ※写真は夏合宿の際の様子 今回は、初めて「先生のお話」をしましたので、その原稿と感想 …

講師の宇都木里香です。

はじめまして! 9月の間、講師をさせて頂きました、聖心女子大学文学部哲学科3年、宇都木里香です。 普段は毎月第二土曜日の課外授業「胸キュン!GOMI拾い」で、 生徒のみんなと一緒にゴミ拾いをしています …

健太先生のお話し ~「学ぶ」ということについて~

こんにちは。ステップアップ塾事務局です。 2017年になり、残す授業数もわずかになってきました。 今日は、今までなんとなく授業の時間を過ごしてきてしまったみんなに向けて、 健太先生からの「学ぶ」という …

記事カテゴリー