講師の日記

文字をきれいに書くということ

投稿日:

こんにちは!

二回目の登場となります、芝浦工業大学大学院1年の山田 知洋です!

今回は、授業が始まる前の時間で、塾生の皆に「字」の話をさせていただきました。

 

20141127043509

 

子どものころ、「なんで大人の人は字がキレイなんだろう」と思ったこと、ありませんか?

僕は小学生、中学生の頃、担任の先生が黒板やプリントに書いてくれる字を見て、
いつもそう思っていました。

そんなある日のこと。
中学1年の理科の授業のとき、先生から
「普段から書く字を、少し丁寧に書くように気をつけてごらん。
気づけばキレイな字が自然に書けるようになっているから」
と言われたことが印象的で、
その後普段から少しだけキレイに書くように気をつけてきました。

塾生の子達から見ればもう立派な大人であろう年齢になった今、
自分の書いた字を見るとやはり、
子どものころ自分が憧れていたくらい(?)キレイな字で書けているなと思います。

なので今度は、僕が塾生たちに「字の大事さ」を伝えようと思い、
今回その話をしました。

 

題材に選んだのは、宮沢賢治の「告別」という詩です。

言葉のリズムや、宮沢賢治が文章に込めた心が読み取れて、
個人的にとても好きな詩なのですが、
今回は塾生の皆に、
「この詩を“今まで生きてきた中でキレイな字”で書きましょう」と言いました。

20141127043616

2分間という短い時間、皆とても集中して、
人生で一番綺麗な字を書こうとしてくれました。

僕が今回伝えたかったのは、
“字はただ情報を伝えるのではなく、心を伝えるものなんだ”
ということです。

自分の書いた字をじっと見たとき、
宮沢賢治が詩にこめた心が読み取れるだろうか。
それを感じて、「字をキレイに書けること」の大切さが分かってくれていたら、
僕がこの塾に来た意味があると思います。

 

まだまだ大人としては未熟な僕ですが、
限られたこの一年間という時間で、
塾生の子達に多くのことを伝えられたらと思っています。

それでは、次回の先生のブログをお楽しみに!

-講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5_excerpt

学生講師の鉄井けえなです!

 夏は終盤。子供たちの夏休みも残りわずかとなってきました。「夏休みの宿題は8月25日から派」であった私には、そろそろ本腰を入れるべき緊張の時期にさしかかったところでります。宿題はコツコツ計画どおり進め …

茜先生による「世界がもし100人の村だったら」

こんにちは! 学生講師の中藤茜です。 9月15日に先生のお話を担当しました。 内容を簡単に言うと、「世界がもし100人の村だったら」というお話を題材とし、 食べ物の大切さを生徒たちに伝えようとするもの …

SUS_20140717

学生講師の根岸加奈です!

はじめまして。 早稲田大学商学部2年の根岸加奈と申します。 恒例の先生のお話の時間。 7月17日が当番だった私は、「挨拶」の話をしました。 挨拶ができるようになると、どんないいことがある?との質問に、 …

11149446_693040624159046_419703510319842456_n

新年度スタートしました!

こんにちは! 今年も講師リーダー続投の、吉田大輝です! 4/16(木)は早稲田校の記念すべき新年度第一回目の授業でした! どんな生徒が来るかドキドキでワクワクしてましたが、 元気な子たちが多くて予想以 …

SUS_20140724

学生講師の水谷亮太です!

はじめまして 明治大学商学部の水谷亮太です! 今日は、「塵も積もれば山となる」 に関して話をしました。 まずはじめに、 「1日の頑張りを1とする時、いつもどれくらい頑張れてるー???」 という質問を投 …

記事カテゴリー