ニュース 講師の日記

「ニガテとの向き合い方」- 高木あかり

投稿日:2015年9月19日 更新日:

はじめまして。
8月から下北沢校で講師をしております、
東京農業大学応用生物化学部栄養科学科1年の高木あかりです。
あかり先生!という響きにもだんだん慣れてきました。

IMG_3058

さて、本日は先生のお話の時間に、『ニガテとの向き合い方』というテーマでお話しをしました。
ニガテな食べ物を聞いてみると、「エビチリ」「ナス。食べたことないけど・・・」
ふむふむ、食わず嫌いもあるみたいですね。
私自身もニガテなものはたくさんあります。
マヨネーズ、わさび、運動、人前で話すこと、数学・・・数えればきりがありません。
でもニガテなことを避けては通れないこともあります。
そんなとき私がどう対処しているかを、ちょっとだけご紹介します。
・ニガテな食べ物も、毎回一口だけは食べてみる。→料理によっては食べられるものもある。
・運動は、できる人のことをよく観察して、真似する。周りの人からアドバイスをもらう。
→やる気が評価されるし、上達できることも必ずある。
・話すことがニガテなら、まず挨拶から始める。早起きして通りすがりの人に挨拶する。
→朝の時間だと、周りに人が少ないのでお互いに意識しやすく、挨拶を返してくれる人が多い。
・ニガテな教科は、好きな教科の間に挟む。
→新鮮な感じがするから、抵抗感が小さくなる。
いかがでしょうか?なかなか前向きでしょう?(笑)

実は今回お話を担当したこと自体、ニガテなことへの挑戦でした。
聞いてくださった方からアドバイスをいただいて、たくさん反省しました。
次はもっと上手に話せるよう、練習して臨みたいと思います。
ステップアップ塾を通して、生徒たちと一緒にこれからもたくさんのニガテを克服していきたいです。
みなさんも、自分のニガテに挑戦していきましょう!
高木あかり

IMG_3059

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-ニュース, 講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【拡散希望】2016年度 塾生募集(二次募集)

1月からたくさんのお問い合わせをいただいております2016年度の新入生募集ですが、さまざまな協力団体のご協力のもと、募集規模を維持したまま2016年度の塾運営を新会場で継続できることになりました。 ※ …

2014年度 最後の授業前に、皆様へのお礼と学生講師「慰労パーティー」へのお誘い

早いもので、明日12日(木)はステップアップ塾47回目の講義、2014年度最後の日になりました。 最終的な総括は後日また改めて行いますが、ここまで来れたのも100人近い顔のわかる方達からのご寄付と10 …

「世界がもし100人の村だったら」 – 中藤茜

こんにちは! 4月から早稲田Bクラスを中心に講師をしております中藤茜です。 最近は寒くなったり暑くなったりと、よくわからない気候ですが、体調を崩してはいないでしょうか? 9月に入り、先生のお話として、 …

学生講師の荻島大凱です!

こんにちは! 今年は台風も多く、猛暑ですね! 雨にも負けて、風にも負けて、夏の暑さにも負けかかっている、早稲田大学基幹理工学部数学科4年の荻島大凱です。 先日、子どもたちの前でステップアップ塾について …

反射光と透過光の違いによる脳の認識と、当塾におけるタブレット有効活用方法 vol.01

私たち人間は、プリントアウトされた反射光のもとで読む文字情報(紙出力された文字やその他情報)に対し、脳生理学的には「分析モード」になり、心理的には「批判モード」になる。 そのためデザイン上の紙出力はも …

記事カテゴリー