塾長便り

ステップアップ塾のやりがい

投稿日:

「儲からないだろうに、よくやるよね。大切なことだとは思うんだけどさ。」
私はよく、人からこう言われます。

確かにたくさんの持ち出しがあります。お金も、人も、体力も。それに加えて時には他人から心ない言葉を吐かれる時もあるので、辛さや人の醜さを感じる時も多々あります。

でも、結局私たちの活動を必要としてくれる人が存在して、子どもたちにとって直接ないしは間接的な成長を間近で感じることができ、毎回いただけるとは限りませんが子どもたちを含む他人様から心からの感謝の気持ちをいただくことができる。活動に賛同してくださった人から、寄付をいただくことだってある。

これは言うなれば、「他者との相互理解交流」とでも言えば良いのでしょうか。

人と繋がりたいなら男女間の恋愛じゃなくとも、お金が絡むビジネスじゃなくても良いと思うのです。

◼︎教職に合格した、という学生講師からの報告

学生時代お世話になった明治大学・星野教授からご紹介をいただき、同大学の教職担当でもある佐藤教授の授業でステップアップ塾のご案内をさせていただいたこともあって、去年明治大学からは二人の学生が当塾を手伝ってくれました。
先日そのうちの一人、竹井先生から約半年ぶりの連絡をいただいたのです。

「去年ステップアップ塾で経験させていただいたことが、面接でも現場実習でも活きて、教職試験に合格しました!だから塾長夫妻と室屋先生(下北沢校の前担当メンバー)には直接お礼が言いたくて・・・。」

そう言いながら就活を無事終えることのできた4年生の彼は、新宿校で久しぶりの講師ボランティアをしてくれた上で、合間の時間に合格証を見せてくれました。

img_2922

◼︎支え、支えられていることの共通認識

私たちが直接的な支援をしているのは、もちろん子どもたちです。私たち管理者はあくまでも先生たちの人間力を信じ、「彼らのお兄ちゃんお姉ちゃんになってくれ」とお願いしているにすぎません。

しかし、勉強が得意でもコミュニケーションが下手な人は子どもたちを通じたコミュニケーション力の向上を、自分の生い立ちの中で埋められなかった兄弟愛を望む人は子どもたちとの直接的な交流を、活動を通じて優秀な仲間を探したい人は大学サークル的な交流を、それぞれがそれぞれの立場で参加する意義を見出し、参加してくれればいいと思っています。

本来社会貢献事業は利害関係のない他者との「相互理解交流」の実感こそが、喜びなのですから。

そんなことを改めて感じさせてくれる青年たちとの交流の場所、ステップアップ塾。

みなさまのおかげで、当塾もステップアップしつつあるようです。

本当にみなさん、ありがとうございます。

本日の視察先である岩手県のビジネスホテルより、心から感謝を込めて。

img_2921

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IMG_5272

ご支援の使いみち、いろいろ

私たちの活動の多くは無償が基本のボランティアとはいえ、40人を超える子ども達ひとりひとりに合う教材や物品、資材を用意する手間や経費は年間にするとかなりの時間とお金がかかっています。 私たちの想いに賛同 …

img_5182

食育の難しさと、高まるオーガニック業界への期待

当無料塾は勉強を教えるだけでなく温かい給食を顔の見える人たちが作り、提供することにこだわりを持っています。 なぜなら、 安心しながら夕食を食べられる環境を提供することで、学生講師&スタッフと子 …

IMG_5269

物品による寄付「ローテーブル」が届きました

ステップアップ塾の会場となる新宿区北山伏町の建物は、通常NPO法人ゆったりーのが朝の10時から16時まで、育児や保育の支援施設として稼働しており、私たちは木曜だけ場所を貸していただきながら学習支援をし …

IMAGINATION_DecOL

「品を支える知性」ステップアップ塾通信vol.04 VOICEより転載

「あの人は上品ね」とか、「この漫画は下品だ」などと言う感覚を、君は理解できるだろうか?そもそも日本で語られる「品」の語源、仏教用語の九品について、無宗教の私が説明するなら、「自制のできる善い心を持った …

10363961_252476508272389_323074978_n

子どもたちの表情を明るくする、課外授業

毎回塾に参加するたび、子どもたちの表情が柔らかくなっていくのを見るのが、一サポーターとしてとても嬉しく感じている、塾長の濱松です。皆さまいかがお過ごしでしょうか? さて先日の5月10日(土)、風がとて …

記事カテゴリー