塾長便り

「生徒および保護者のみなさまへのご挨拶」ステップアップ塾通信vol.01 VOICEより転載

投稿日:2016年9月1日 更新日:

「教育支援は、本来日本政府が考えるべきことだ!」–
教育格差という言葉自体、あまりメディアでの報道がされていなかった開塾当初、当塾への支援や協働を呼びかけると、私は決まって冒頭に書いたような冷たい反応をぶつけられた。そしてそれは大抵、途上国支援の好きな元教育関係者に多く見られる反応だったことが印象的で忘れられない。

自国民や家族に平然と我慢や苦しみを押しつけるのは何も教育格差の問題に限ったことではないが、所得格差に苦しむシングル家庭を自己責任論で切り捨てる大半のエリート層は、負のサイクルに苦しむ家庭の気持ちがわからぬまま教育格差を理屈で語り、学級崩壊やいじめ問題の根本的解決から目を背けたまま、解決するはずのないうわべの格差是正を謳う。

そもそも現在の教育の基礎は明治時代、大家族制の中で育児も教育も社会が支え合うことを前提に定められた制度である。核家族化が進み育児や教育を学校の現場と母親だけに押しつける社会制度では、機能不全に陥るのは当然なのだ。

また教育格差を問題視すると、どうしても学習テクニックに意識が向けられがちだが、テクニック以前に学力向上には心の落ち着きが必須である。だからこそ当塾では4つのカリキュラムで心を育て、学力向上に努めている。当塾に通い、学力の向上著しい大半の生徒は、当塾が掲げるカリキュラムの意味と向き合った子ども達ばかり。残り半年、生徒はもちろん保護者の方も他人任せにせず、ぜひもう一度当塾のカリキュラムと向き合って欲しい。良い結果が、必ず生まれるはずだ。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

※2016年9月1日より、毎月紙媒体として発行されている学級新聞(4P〜6P)から、定期的に塾長担当記事の「VOICE」のみを転載しています。学級通信は、当塾への支援者を対象に送付、または授業参観にお越しの方への参考資料としてお渡ししています。IMAGINATION_SUJ2016_HQ

 

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校生講師として戻ってきてくれた、卒業生

2014年の開塾時、中学1年生だった女子生徒K.Kさん。 入塾以来、まじめな彼女は当塾の指導をよく理解し、1年目にして学校の成績はオール5を取るようになりました。 そして今年は、第一志望の都立高校(偏 …

DSC_0299

開塾式を行いました!

17日は、記念すべき開塾式と第一回通常授業でした。 この日までに合格をさせていただいた生徒数は14名。また講師登録6名のうち出席者は5名。 まだまだ小さいレベルではありますが、支援者の想いを保護者や子 …

IMAGINATION_NovOL

「感性を磨け!『人生の楽しみ方』」ステップアップ塾通信vol.03 VOICEより転載

私とワカ先生は、2010年の5月から12月までの約7ヶ月の間に、自転車とリヤカーを使って47都道府県・日本一周の旅をしたことがある。目的は日本文化をテーマとしたドキュメンタリー映画を製作すること。自分 …

12305995_1213823658634734_2077346138_n

【下北沢教室 生徒追い込み追加募集&給食ボランティア募集!】

寄付金の集まりが想定よりも少なく、積極的な塾生募集のできなかった下北沢クラス。 最近になってお弁当を運ぶことが資金的にもマンパワー的にも難しくなってしまったため、事業の継続性を高めるためにもせめて下北 …

573a32b0

教育格差を語る上で、なぜか後回しにされる「子どもたちのココロ」

一昨日から、私が所属する(公社)日本ユネスコ協会連盟における2014年度の部会が始まりました。 そこで感じたことでもあり、かつ先日寄付目標額に到達出来なかったクラウドファンディング「ready for …

記事カテゴリー