塾長便り

「負けるな!逆境こそ、アイディアの栄養素だ!」ステップアップ塾通信vol.06 VOICEより転載

投稿日:2017年2月1日 更新日:

受験シーズン到来とともに、2016年度のステップアップ塾も今月いっぱいで終わる。残り4回の授業と11日に行われるお茶会の中で得られる仲間たちや学生講師との時間の共有は、まさしく一期一会。学力向上はもちろん必要なことだが、他者との心の絆を通わせる経験を大切にする習慣を身につけることこそ、チャンスを無駄にしがちな君たちに本来私が強く伝えたいことだとそろそろ感じ取って欲しい。私たちは、さまざまな学びの機会を提供しているのだから。

さて私ごとで恐縮だが、群馬県に住まいを移して1年以上が経過した。東京で生まれ育った自分が地方に移住するなんて、引越しの1ヶ月前まで考えてすらいなかったことを思えば、住めば都と感じる人生は本当に不思議で、楽しいものである。

ただ、よく勘違いされがちなので敢えて一度だけ書くが、ステップアップ塾は一般市民の方からの寄付金だけでスタートした無料塾のため、いつも運営資金に苦しんでおり特に最初の2年間は自分の生活まで苦しくなってしまうほどだったのだ。平日は本業(塾ではない自分の仕事)のために車中で毎日寝て、木曜日は塾へ出席する。同じく塾のために電車で群馬から出てきた妻と、週末は車で群馬に帰る。この繰り返しは、他人様よりも頑丈に育ったとは言え40歳の身体にはかなりこたえたと言える。しかし理解者はいると信じて塾の必要性を説明して歩き回り、三年目に出会ったのが神楽坂の企業㈱八洋の後藤社長と会長、東京ワセダロータリークラブ会員のみなさまである。この出会いこそが「朝活カレークラブ」や美味しいお肉のある給食など、食事面の支援体制を作るきっかけになったのだ。

私があえてこの話を書いたのは、君たちに恩を感じて欲しいからではない。つまり、「人生、無理だと思ったら無理になる。できると思えば、なんでもできる。」と言うことが言いたいだけだ。自分の人生がつまらないからと、君はお母さんや友達、学校の先生を含めた社会のせいにしていないだろうか?少なくとも私から見た君たちは、名前すら覚えてもらえないのにボランティアとして勉強を教えてくれるお兄さん・お姉さんのような「先生」という強い味方がついているはずだ。

さぁ、改めて考えよう。君が「勉強ができない」と思う理由はなんだ?まず自分に、向き合ってみろ。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

※2016年9月1日より、毎月紙媒体として発行されている学級新聞(4P〜6P)から、定期的に塾長担当記事の「VOICE」のみを転載しています。学級通信は、当塾への支援者を対象に送付、または授業参観にお越しの方への参考資料としてお渡ししています。

2017IMAGINATION_Feb

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ステップアップ縦位置9goodgood

2014年度を終えて

多くの支援者や関係者のご協力のお陰様で、昨日ステップアップ塾2014年度予定分47回(うち台風休講1回・インフルエンザ休講1回)が終了いたしました。 無茶を承知で始めた見切り発車的なスタートではありま …

IMAGINATION_SUJ2016_HQ

「生徒および保護者のみなさまへのご挨拶」ステップアップ塾通信vol.01 VOICEより転載

「教育支援は、本来日本政府が考えるべきことだ!」– 教育格差という言葉自体、あまりメディアでの報道がされていなかった開塾当初、当塾への支援や協働を呼びかけると、私は決まって冒頭に書いたよう …

IMG_5198

2017年度 授業スタート!

今年度の授業が始まりました。 Aクラス・Bクラス合わせて約50名の学習教材、そして保護者やスタッフを含めると70名ほどの給食準備は前日の用意も含めて予想以上にバタつきましたが、今年から通塾している子ど …

03

2014年度の生徒から届いた嬉しい報告 〜面談期間の一コマ〜

3月に入ってから月〜木の19時以後、ほぼ毎日30分単位で新年度の通塾希望者と三者面談をしています。 いつもはほぼ新規通塾希望者の面談で予定は埋められているのですが、今日は4件の面談のうち2014年度か …

R0034615

男女が仲良く勉強することの意味

当塾に通う生徒たちは小学2年生から中学2年生まで、約半々の男女比の子どもたちで構成されています。 入塾時からまったく人見知りをしない子どももいれば生活環境を心配してしまうほどの人見知りオーラを放つ子ど …

記事カテゴリー