塾長便り

ボランティアをする理由

投稿日:2018年5月12日 更新日:

今年度から、市ヶ谷の某ホテルのコックさん達が定期的なボランティアとして、プロボノ参加をしてくださっています。

これはそもそも2017年度までメインの調理スタッフとして関わってくれていたYさんが引退されることになり、事務局長のワカ先生が学生時代にホテルでアルバイトをしていた関係から、同ホテルのコックSさんに話を通して実現した話です。

コックさん達が来れない時も、飲食店での調理経験をお持ちのF木さんやOさんが調理の協力をしてくださるため、今年度もおかげさまで食事の安定供給ができるめどはついたのですが、コックさん達にとって体験的な要素が強かった初回と違い、実質メインで調理をしてくださった5月10日は仕上がった晩ご飯の完成度はもちろん、食材を運ばせていただいた見地からも多くの感動がありました。

◆ 「一手間」が表す、喜んでもらおうとする気持ち


当塾における晩ご飯は、子ども達の学力向上においてもちろん大事な要素と考えています。

しかし当然、「できることを、できるレベルで提供することが基本」であり、いただいたものを選り好みするのではなく、なんでも美味しくいただく姿勢であることには今も変わりません。

ただ、フードロスの削減を掲げたセカンドハーベスト・ジャパン様を通じてらでぃっしゅぼーや様から定期的な野菜をいただけているとは言っても、日によっていただけるものも違えば当然いただけるものがない日もあるため、そのことをコックのSさんに伝えていました。

するとコックさん達は、ホテルと関係がある八百屋さん「(株)丸和商店」様から野菜調達の手配をしてくださっただけでなく、空いている時間を利用して下ごしらえまでしてくださっていたのです。

◆ お花の形をした人参グラッセや手作りスープに喜ぶ子ども達


塾での晩ご飯タイミングは低学年のAクラスが19時30分から、高学年と中学生のBクラスでは20時半が目安です。

生徒や講師を合わせると多い時には80人近くの食事を作る時もあるので、16時に入って調理を開始してくれるボランティアさんが1〜2人では野菜を剥くだけでも重労働のため、一手間を加えることのハードルが、とてつもなく高いのが現実でした。

しかし、この日は指定された時間にホテルまで食材を取りに行くと、バットや鍋に入れられた下ごしらえ済みのお料理を、若いイケメンコックのTさん、から手渡され、そこにはなんとお花の形に細工のされた人参グラッセがありました。

その手間や気持ちを想うと私も胸がとても熱くなりましたが、調理を手伝う他のボランティアさんや保護者の方、子ども達が「わぁ、お花の形になってる!」と喜んでいる姿を見た時に、私が当塾の活動を通じて子ども達に伝えたいことをコックのみなさんが体現化してくださったように感じて、本当に嬉しく感じました。

◆ なぜ、ボランティアをするのか?と言う質問への答え


もちろん当日の料理は、他にもF木さんやOさん、そしてお手伝いをしてくれたお母さん達や素材を提供してくださったみなさまの協力のおかげで完成した、「5月10日ステップアップ塾の晩ご飯」と言う作品です。

ただ、今回この話を記事にしようと思った理由は、私がコックさん達から聞かれた質問がきっかけでした。

その質問はこんな内容です。

「失礼に感じられたら、ごめんなさい。私は今までボランティアをしたことがなかったので率直な質問なんですが、なぜボランティアをするんですか?私には本当にわからなくって。。。」

コックさん達と打ち上げをした初日に聞かれたこの質問は、言葉の違いは多少ありますが、過去にもいろんな方から聞かれてきた内容でもありました。

だからいつもと同じように、自分の生い立ちや想いを伝えさせていただいたのですが、木曜の晩ご飯以来、それらは答えとしては微妙に違うような気がし始めています。

もちろんボランティアを始めた理由に生い立ちや想いは関係していますが、なによりも私がボランティアをする、もしくは他人に勧められる理由は、一つの課題を通じて他人と理解し合える瞬間があるから、なんです。

今回の場合、関わる以上プロとして子ども達を料理で喜ばせたいと思ってくれたコックさん達の「一手間」がなによりも、その瞬間を表しています。

金でしか人の価値を見られないような人間の増えた日本社会にも関わらず、ボランティアを前提にする時だけは自分の技術や活動に伴う一手間をお金に換算せずに動ける人がいる。

全員が全員と通じ合える訳ではないけれど、他人と心が通じ合える喜びが、ステップアップ塾にはある。

だから、楽しいんです。やるんです。

再確認をさせてくださったみなさまには改めて感謝をしつつ、関係者のみなさまには心からお伝えしたいと思います。

「ご馳走様でした!引き続き、またぜひよろしくお願いします。^ ^」

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新規賛助会員 16社】漢気溢れる経営者たちと資料作りの大切さ

週に一度、50人ほどの小・中学生が学力向上を目的に集うステップアップ塾。 さまざまな立場の方に、無償ボランティアを前提でご協力いただいているとは言え、一回の授業で学生講師や調理スタッフなどをあわせて3 …

ご支援の使いみち、いろいろ

私たちの活動の多くは無償が基本のボランティアとはいえ、40人を超える子ども達ひとりひとりに合う教材や物品、資材を用意する手間や経費は年間にするとかなりの時間とお金がかかっています。 私たちの想いに賛同 …

熊本地震で被災された小・中学生の受け入れについて

熊本地震が発生して、約10日。現地のみなさまにおかれましては、とても不安な毎日を過ごされていると心よりお見舞い申し上げます。 東日本大震災時、被災地での現地支援を二年間継続した我々維新隊ユネスコは、罹 …

教育格差を語る上で、なぜか後回しにされる「子どもたちのココロ」

一昨日から、私が所属する(公社)日本ユネスコ協会連盟における2014年度の部会が始まりました。 そこで感じたことでもあり、かつ先日寄付目標額に到達出来なかったクラウドファンディング「ready for …

【継続的な野菜支援が決定!@下北沢給食】

前置きとして、少々個人的なことをこちらに書いておきます。 ステップアップ塾事業の事業統括担当でもある星野和香子と私は今年1月25日に入籍し、今月中旬第一子の出産を予定しています。 出産にあわせて私たち …

記事カテゴリー

Translate:

電話サポート(平日10-18)