塾長便り

ボランティアをする理由

投稿日:2018年5月12日 更新日:

今年度から、市ヶ谷の某ホテルのコックさん達が定期的なボランティアとして、プロボノ参加をしてくださっています。

これはそもそも2017年度までメインの調理スタッフとして関わってくれていたYさんが引退されることになり、事務局長のワカ先生が学生時代にホテルでアルバイトをしていた関係から、同ホテルのコックSさんに話を通して実現した話です。

コックさん達が来れない時も、飲食店での調理経験をお持ちのF木さんやOさんが調理の協力をしてくださるため、今年度もおかげさまで食事の安定供給ができるめどはついたのですが、コックさん達にとって体験的な要素が強かった初回と違い、実質メインで調理をしてくださった5月10日は仕上がった晩ご飯の完成度はもちろん、食材を運ばせていただいた見地からも多くの感動がありました。

◆ 「一手間」が表す、喜んでもらおうとする気持ち


当塾における晩ご飯は、子ども達の学力向上においてもちろん大事な要素と考えています。

しかし当然、「できることを、できるレベルで提供することが基本」であり、いただいたものを選り好みするのではなく、なんでも美味しくいただく姿勢であることには今も変わりません。

ただ、フードロスの削減を掲げたセカンドハーベスト・ジャパン様を通じてらでぃっしゅぼーや様から定期的な野菜をいただけているとは言っても、日によっていただけるものも違えば当然いただけるものがない日もあるため、そのことをコックのSさんに伝えていました。

するとコックさん達は、ホテルと関係がある八百屋さん「(株)丸和商店」様から野菜調達の手配をしてくださっただけでなく、空いている時間を利用して下ごしらえまでしてくださっていたのです。

◆ お花の形をした人参グラッセや手作りスープに喜ぶ子ども達


塾での晩ご飯タイミングは低学年のAクラスが19時30分から、高学年と中学生のBクラスでは20時半が目安です。

生徒や講師を合わせると多い時には80人近くの食事を作る時もあるので、16時に入って調理を開始してくれるボランティアさんが1〜2人では野菜を剥くだけでも重労働のため、一手間を加えることのハードルが、とてつもなく高いのが現実でした。

しかし、この日は指定された時間にホテルまで食材を取りに行くと、バットや鍋に入れられた下ごしらえ済みのお料理を、若いイケメンコックのTさん、から手渡され、そこにはなんとお花の形に細工のされた人参グラッセがありました。

その手間や気持ちを想うと私も胸がとても熱くなりましたが、調理を手伝う他のボランティアさんや保護者の方、子ども達が「わぁ、お花の形になってる!」と喜んでいる姿を見た時に、私が当塾の活動を通じて子ども達に伝えたいことをコックのみなさんが体現化してくださったように感じて、本当に嬉しく感じました。

◆ なぜ、ボランティアをするのか?と言う質問への答え


もちろん当日の料理は、他にもF木さんやOさん、そしてお手伝いをしてくれたお母さん達や素材を提供してくださったみなさまの協力のおかげで完成した、「5月10日ステップアップ塾の晩ご飯」と言う作品です。

ただ、今回この話を記事にしようと思った理由は、私がコックさん達から聞かれた質問がきっかけでした。

その質問はこんな内容です。

「失礼に感じられたら、ごめんなさい。私は今までボランティアをしたことがなかったので率直な質問なんですが、なぜボランティアをするんですか?私には本当にわからなくって。。。」

コックさん達と打ち上げをした初日に聞かれたこの質問は、言葉の違いは多少ありますが、過去にもいろんな方から聞かれてきた内容でもありました。

だからいつもと同じように、自分の生い立ちや想いを伝えさせていただいたのですが、木曜の晩ご飯以来、それらは答えとしては微妙に違うような気がし始めています。

もちろんボランティアを始めた理由に生い立ちや想いは関係していますが、なによりも私がボランティアをする、もしくは他人に勧められる理由は、一つの課題を通じて他人と理解し合える瞬間があるから、なんです。

今回の場合、関わる以上プロとして子ども達を料理で喜ばせたいと思ってくれたコックさん達の「一手間」がなによりも、その瞬間を表しています。

金でしか人の価値を見られないような人間の増えた日本社会にも関わらず、ボランティアを前提にする時だけは自分の技術や活動に伴う一手間をお金に換算せずに動ける人がいる。

全員が全員と通じ合える訳ではないけれど、他人と心が通じ合える喜びが、ステップアップ塾にはある。

だから、楽しいんです。やるんです。

再確認をさせてくださったみなさまには改めて感謝をしつつ、関係者のみなさまには心からお伝えしたいと思います。

「ご馳走様でした!引き続き、またぜひよろしくお願いします。^ ^」

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

学生講師への慰労

当塾の支援団体である東京ワセダロータリークラブ様より、「ステップアップ塾の学生講師達を慰労したい」と言うありがたいお誘いをいただき、8月29日にリーガロイヤルホテルで行われた納涼家族会と呼ばれるイベン …

「書き初めはもちろん、すべてを面倒くさいと感じた日々」ステップアップ塾通信vol.05 VOICEより転載

新年あけましておめでとうございます。早いもので、一月になりました。私たちは皆さん に一年をかけてステップアップシートへの記入を促し、「目標と計画の大切さ」を伝えてきたので、新年になったからと言って皆さ …

男女が仲良く勉強することの意味

当塾に通う生徒たちは小学2年生から中学2年生まで、約半々の男女比の子どもたちで構成されています。 入塾時からまったく人見知りをしない子どももいれば生活環境を心配してしまうほどの人見知りオーラを放つ子ど …

「ひとり親家庭の貧困は単なる自己責任なのか?」子どもたちの未来を社会が支える意味

詮索されることのわずらわしさ そもそも、の話のことです。 ひとり親家庭であることや(両親が)離婚をしたことを、隠したいと考える親御さんや子どもたちは世の中に沢山います。 そりゃそうでしょう。 ひとり親 …

食べ物に関する道徳観

ステップアップ塾にたびたび野菜の支援をしてくださるちば里山・バイオマス協議会の高澤さんから6日、サツマイモ掘りのイベントがあるからと当塾にご案内をいただきました。 ちょうど同じ日に予定していた別プロジ …

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

▼学生講師サークル「STEP APPLES」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

記事カテゴリー

Translate:

電話サポート(平日10-18)