塾長便り

2018年を終えて

投稿日:2018年12月31日 更新日:

12月27日、2018年におけるステップアップ塾とトレーラーハウス自習室STUDY CAMPの活動が終了しました。

今年度は講師ボランティアに加えて調理および片付けボランティアさんが定期的に参加してくださったこともあり、ステップアップ塾での活動は落ち着いて分業体制を敷くことができました。

また個人的には11月19日から約1ヶ月の期間ではありましたが、祝日を除く平日はほぼ毎日トレーラーハウス自習室の居心地を良くするために改良を続けることができました。

こちらはスポンサー様と賛助会員のみなさま、そして一部の行政関係者のおかげで新たなステップに踏み出すことができたと思っています。

関係各位のみなさまにはこの場を借りて、心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

発展途上ではありますが2軸体制を形にできたからこそ感じることとして、改めて教育格差はなくすことができる社会問題だと痛感することができました。

私にとって、2018年の最後にその実感を持てたことは何よりの収穫でした。

✅ 構って欲しいけど、構って欲しくない子ども達

多くの人にとって経験のあることだと思いますが、年齢やその時の状況によって人の親切がわずらわしい時はありませんでしたか?

それは身内が相手に限らず、の話です。

この話をするとたいていおわかりいただけるのですが、5期目を迎えたステップアップ塾はかなり温かいボランティアスタッフが集まり、運営上の課題はあれど子ども達にとっては例年通り、それなりに良い環境を与えられたのではないかと感じています。

実際に成績が上がり、良い結果を残せた子どもはもちろん多くいました。

ただそれに反して、日々の生活に苦しんでいるであろう多感な生徒にとっては当塾の親切がある意味では仇となるため、素直になりきれない時も少なくないようでした。

しかし本来いわゆるツンデレ状態の生徒こそ教育格差の渦中にあることが多いので、教育格差の解消を目指す以上は子ども達に向き合える覚悟と時間を使える講師やスタッフこそがボランティアと言えども必要なのですが、親身になったからと言ってその想いが報われるとは限らない本プロジェクトの場合、ボランティアがボランティアの限界を超えてしまえばいわゆるヤマアラシのジレンマが起こり得るため、生徒はもちろん学生講師やスタッフを守るためにもさまざまな住み分けが必要だったのです。

5年におよぶ試行錯誤の中で必要性を感じた新システム、それがSTUDY CAMPでした。

※ 簡易版ではありますが、以下まとめです。ご確認ください。

✅ 子ども達に届く支援、のはずが。。。


以前の記事に書いた通り、せっかく東京都が特例的に場所を貸してくださったにも関わらず、独占企業であるはずの某電力会社が電気の引き込みを渋っているため、残念ながら未だに電気が引けておりません。

現状打破に向けて最終日まで協力企業様と打ち合わせをしましたが、解決まではいずれにしても数ヶ月はかかってしまうとのことです。

当初計画よりもサービスが劣るため積極的な利用者募集ができていませんが、現在ステップアップ塾の生徒は7人、その他にも合わせて20名ほどがフェンスに据え付けたチラシボックスの中にある申込書などを携え、入会しています。

その多くの子ども達とは、「こんにちは」の挨拶くらいしか交わしませんが、鉛筆の音しか聞こえない室内で彼らを見守り、必死に勉強をしてからパン等を持ち帰る姿を何度も確認している私は、正直かなり複雑な気持ちです。

一刻も早く、予定していた快適な環境を子ども達に届けたい。

その一念で、来年も活動に励みたいと思います。絶対、私は諦めません。

——————–

最後になりますが、今年もみなさまに大変お世話になりました。

良い年を、お迎えください。

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

50年後の日本を少しでも明るい社会にするために、私たちができること

前々回11/1のニュース・スタッフブログの中で紹介した塾資料の中では、各専門機関が発表した50年後の試算を掲載するとともに、私たちがステップアップ塾を継続し事業を拡大しようとする大義について書かせてい …

段階的なPCのレベルアップで見えて来た、新たな可能性

50人ほどの生徒の学習ログの管理や、講師スタッフだけでも年間60人(2017年度講師スタッフ登録数:84人)を超える出欠管理を目視で行って来た当塾にとって、去年IT企業のSCSK(株)様からプロボノと …

高校生講師として戻ってきてくれた、卒業生

2014年の開塾時、中学1年生だった女子生徒K.Kさん。 入塾以来、まじめな彼女は当塾の指導をよく理解し、1年目にして学校の成績はオール5を取るようになりました。 そして今年は、第一志望の都立高校(偏 …

【継続的な野菜支援が決定!@下北沢給食】

前置きとして、少々個人的なことをこちらに書いておきます。 ステップアップ塾事業の事業統括担当でもある星野和香子と私は今年1月25日に入籍し、今月中旬第一子の出産を予定しています。 出産にあわせて私たち …

察してもらえる、ありがたさ

卓話をきっかけに、一昨年の秋から当塾にさまざまな支援をしてくださる東京ワセダロータリークラブ。 セカンドハーベスト・ジャパンを中心に廃棄食材をいただける体制になりながらも、肉や魚などのたんぱく質源への …

記事カテゴリー

Translate:

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)