ニュース 塾長便り プロボノ

(NPO)二枚目の名刺様からつながった、SCSK(株)様とのプロボノ協業

投稿日:2017年9月26日 更新日:


NPO法人二枚目の名刺さんからのご縁で始まる、SCSK(株)さんとのプロボノ協業を控え、先日豊洲のSCSK本社にて行われたイベントにてプレゼンをしてまいりました。

プロボノとは、各分野の専門家が職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティアのことを指すのですが、SCSKさんは本業であるIT技術を駆使した社会貢献「ちょこサポ」を311以来、4年ほど実施しており、この度そのパートナーとして当塾を選んでくださったのです。

私たちの活動を陰で支えている事務局の活動は、地味なわりに仕事がすさまじく多いため、その効率化を助けるためにもIT技術の導入はしたかったのですが、支援金が入るとどうしても子ども達への必要経費に使ってしまう分、そのしわ寄せは一部の運営スタッフに集まり、どうしても疲弊しがちなため二枚目の名刺さんからいただいたきっかけは正しく、天の助けと言えました。

縁の下で働くボランティアに支えられる、ステップアップ塾


私たちの無料塾は、ざっとカテゴリに分けた上で作業を挙げると、これくらいのタスクにまみれています。
※3つほどのタスクは団体秘密のため、敢えて掲載していません。

そしてこれはどこのボランティアでも同じことが言えるとは思うのですが、やはりイベント当日とも言える「学習指導の日」以外、人は集まりにくいと言えます

良くないこととわかりつつも、支援者に対するフォローこそが活動を継続する上で欠かせない作業なため、実質2人体制の事務局スタッフは数年に渡って、ズタボロにならざるを得ませんでした。^ ^;

しかし、今後はIT技術を用いることでさまざまなデータ管理を一元化できるため、かなりの改善が見込めるのです。また同時に、とある大学教授たちのご協力のもと、さまざまな無料塾が抱えているであろう教材に関する悩みを払拭するための希望も、新たに生まれているのです。

※教材に関しては調整が出来次第、改めてプレスリリースも予定しています。

予想しなかったwinPCのご寄贈で浮かぶ、新たな構想


また先日のプレゼン時、SCSKさんのCSR担当Yさんより「最近、会社でPCの入れ替えをしたので、古くても良ければお渡しできるのですが?」と申し入れをいただいたため、今まで個人所有のPCで作業をせざるを得なかった現状を打破するためにお願いをしたところ、なんと15台ものラップトップPCを寄贈いただけることになりました。

本来、機材ベースで考えることではないのですが、逆にこれだけ恵まれた天佑が続く現状を考えるに、これはもっともっと子ども達のために働けと言う天の声かもしれません。

まず、自習室の展開など新たな構想に向けて動けるだけ動いてみようと思いますので、みなさんお力添えのほどよろしくお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-ニュース, 塾長便り, プロボノ

執筆者:


  1. […] 当塾の運営は当日以外にもたくさんの業務を抱えていることは先日の記事にも記載をしていましたが、現在IT企業のSCSKさんのプロボノ協力のもとで、小テストの作成はもちろんさまざま […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

健太先生のお話し ~「学ぶ」ということについて~

こんにちは。ステップアップ塾事務局です。 2017年になり、残す授業数もわずかになってきました。 今日は、今までなんとなく授業の時間を過ごしてきてしまったみんなに向けて、 健太先生からの「学ぶ」という …

みゆき先生とメアリー先生からのお話

ステップアップ塾早稲田校は、3月10日(木)で2015年度は最後の授業となります。 最後の授業にあたって、Aクラスではみゆき先生が、Bクラスではメアリー先生がお話をしてくれました。 みゆき先生とメアリ …

【新規賛助会員 16社】漢気溢れる経営者たちと資料作りの大切さ

週に一度、50人ほどの小・中学生が学力向上を目的に集うステップアップ塾。 さまざまな立場の方に、無償ボランティアを前提でご協力いただいているとは言え、一回の授業で学生講師や調理スタッフなどをあわせて3 …

男女が仲良く勉強することの意味

当塾に通う生徒たちは小学2年生から中学2年生まで、約半々の男女比の子どもたちで構成されています。 入塾時からまったく人見知りをしない子どももいれば生活環境を心配してしまうほどの人見知りオーラを放つ子ど …

「ひとり親家庭の貧困は単なる自己責任なのか?」子どもたちの未来を社会が支える意味

詮索されることのわずらわしさ そもそも、の話のことです。 ひとり親家庭であることや(両親が)離婚をしたことを、隠したいと考える親御さんや子どもたちは世の中に沢山います。 そりゃそうでしょう。 ひとり親 …

記事カテゴリー

Translate:

電話サポート(平日10-18)