ニュース 講師の日記

早稲田Bクラスの沙恵先生です!

投稿日:

初めまして!
5月から学生講師として授業をしております。
早稲田大学2年の篠崎沙恵です。

今回は、授業の前に「心」と「体」についてお話をさせていただきました。

11391722_768907159892996_5583711143996629386_n

「心」と「体」は、強く結びついています。
これは科学的にも証明されていることです。
「心」をコントロールするのは「体」をコントロールすることに比べて非常に難しいことですが、
この強い結びつきがあるために、「体」を動かすことで「心」をコントロールすることができます。
生徒たちには「姿勢」という言葉を例に、このことを伝えました。

人生は楽しいことばかりではありません。
嫌なこと、やる気が出ないこと、面倒なこと…、避けて通ることはできません。
かの有名ドラマの主題歌にもあります。「人生楽ありゃ苦もあるさ」です。

小中学生でいえば、「勉強」というのも(悲しいですが)その1つだと思います。
もちろん、「勉強楽しい!面白い!」と思うこともあるとは思いますが(あってほしい!)、
部活や行事で忙しかったりすると、疲れてどうしてもやる気が出ないこともあります。

生徒たちには、「そんなときは背筋をピンッと伸ばして姿勢よく勉強してみよう!」と話しました。
背筋を伸ばすことで、脳に「私は勉強へのやる気に満ち溢れている!!」と錯覚させることができるのです。

この話をした後の授業で、さっそく実践してくれた生徒もいました。
また、全体としても、いつもより集中力が高かったようにも思います。
生徒が自分の話を一生懸命聞いてくれていたというのは、やはり嬉しいことですね。

もう一つ、嬉しいことといえば!!
授業後のミーティングにて…
「下駄箱の靴がすごい綺麗に揃えられてたね!先生誰かやってくれたの?」
「いや…私ではないです」
「僕でもないです」
「…え??じゃあ生徒!?」

生徒の誰かが自主的に靴を揃えてくれたようです。
誰かに言われてではなくて、自分で気づいて行動したことが本当に素晴らしい。

ステップアップ塾で学べるのは、勉強だけではありません。
机を出したり、給食の準備をしたり、生徒たちが協力して行っています。
するべきことを周りの状況から自分で判断して行動する。
社会に出ると必要不可欠な能力だと思います。
この能力を身につけることは、まさに大きなステップアップ、成長です。

今回のように、生徒の成長を実感できることは、「先生」という立場の醍醐味です。
これからも、生徒の成長の瞬間に関わっていければと思います。

沙恵先生でした☆

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-ニュース, 講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2014年度 最後の授業前に、皆様へのお礼と学生講師「慰労パーティー」へのお誘い

早いもので、明日12日(木)はステップアップ塾47回目の講義、2014年度最後の日になりました。 最終的な総括は後日また改めて行いますが、ここまで来れたのも100人近い顔のわかる方達からのご寄付と10 …

先生たちも工夫しています

こんにちは! 事務局の星野です。 ステップアップ塾は、毎週元気に勉強しています! いろいろな方が授業参観に来て下さっていますが、 皆さんが口をそろえて「みんなすごく集中していますね!」と生徒たちをほめ …

塾生ファミリー支援!新企画「電力 de 教育支援」スタート! supported by みんな電力

自然エネルギーを推進し、エネルギー問題の観点から社会課題の解決を図る当塾の支援企業・「みんな電力(株)」。(敬称略) 当塾を運営するNPO法人維新隊ユネスコクラブの賛助企業としてはもちろん、朝食を子ど …

最新の活動資料をまとめました

半年以上の活動の中で、ようやく見えて来たさまざまな問題点。 ステップアップ塾として来年も継続をするために、新しい資料をまとめました。 是非ご一読ください。 PDFはこちら。 ☆★☆★☆★☆★☆★ 当 …

学力テストを実施しました。

こんにちは。 ステップアップ塾事務局です。 10月、当塾は全国規模の学力テストを実施しました。 普段ステップアップ塾では学年に応じた勉強だけではなく、学力に応じた指導を生徒に合わせて行っています。 で …

Translate:

記事カテゴリー

Translate »