講師の日記

「世界がもし100人の村だったら」 – 中藤茜

投稿日:

こんにちは!
4月から早稲田Bクラスを中心に講師をしております中藤茜です。

最近は寒くなったり暑くなったりと、よくわからない気候ですが、体調を崩してはいないでしょうか?

9月に入り、先生のお話として、早稲田Bクラスと下北沢クラスで

「世界がもし100人の村だったら」という話をしました。
IMG_3104
「世界がもし100人の村だったら」は、チェーンメールで広まったのが発端らしく、その後絵本として出版されたり、テレビ放送もされたものです。

私はまだ小学生だった頃にテレビでこのお話を知りました。それからもう6年以上経っていますが、今でも心のどこかに引っ掛かっていて、忘れられないのです。具体的な数字などは覚えていないのですが、こういう番組を見てショックを受けたということは頭の片隅に残っています。

どうしてこの話をしようと思ったかというと、世界には勉強したくてもできない子供や、かつてそうであった大人が何億人もいるという現実を知ってもらい、それと自分の置かれている状況を比べて考えるということを一度でもしてくれれば、生徒たちの勉強に対する意識にも変化があるのではないか、そうであってほしい、と考えたからです。

9/3(木)に早稲田Bクラスでこのお話をしたときは、生徒がみんな真剣にこちらを見つめ、聞き入っているのを感じました。私の思いが通じたのかなぁと、うれしかったです。

他の先生からも好評だったこともあり、またもっと多くの生徒に伝えたいと思ったため、シルバーウィークを使って普段はあまり行けない下北沢クラスでも同じお話をしました。連休中だったせいか、生徒は半分くらいしか来ていませんでしたが…。

実は、ちょうど9/21(月)の下北沢クラスから新しい試みとして、先生のお話の感想や印象に残ったことを生徒に(無記名で)1~2行の文章で書いてもらうようにしたところでした。生徒が帰ってから、その内容を見せてもらいました。しっかりと文章にまとめられている生徒もいる一方で、あまり文章力のない生徒もいて、私のお話がどのように響いたのかは想像するしかなさそうですが、何かその子なりに感じたり、考えたりしたことがあれば幸いです。そして、このような取り組みを繰り返していくうちに、自分の考えや感想を文章で表現する力を伸ばしていってくれたらいいなぁ、と願っています。

参考までに、「世界がもし100人の村だったら」の核心部分を抜粋して掲載します。
詳細は、絵本を読むか、インターネットで調べてみてください。(インターネットで検索すると、少しずつ書き換えられていったのか、いくつかのバージョンが出てきますが。)

———————–
(前略)

20人は栄養がじゅうぶんではなく、1人は死にそうなほどです。
でも15人は太りすぎです。
全ての富のうち、6人が59%をもっていて、その6人全員がアメリカ国籍です。
貧しい方から20人は、たった2%を分け合っています。
すべてのエネルギーのうち、20人が80%を使い、残りの80人は20%を分け合っています。

75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがあります。
でも、あとの25人はそうではありません。
17人はきれいで安全な水を飲めません。

銀行に預金があり、財布にお金があり、家のどこかに小銭の入った入れ物がある人は、いちばん豊かな8人のうちの1人です。
自分の家に車がある人は、もっとも裕福な7人のうちの1人です。

たった1人だけが大学の教育を受け、2人だけがコンピューターをもっています。
けれど、14人は文字が読めません。

もしもあなたが、いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに、信仰や信条、良心に従って何かをし、ものが言えるなら、
そうではない48人より恵まれています。

もしもあなたが、空爆や襲撃や地雷による殺戮や、武装集団のレイプや拉致におびえていなければ、
そうではない20人より恵まれています。

(後略)

———————–
こうして考えてみると、大学生の私は、世界の上位1%に入っているんですね。
私自身も、改めて考えさせられました。

それではまたお会いしましょう!

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-講師の日記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SSTの実践を用いた話し合い ~青柳先生編~

こんにちは。学生講師の青柳です。 10/13、ステップアップ塾のレクリエーションの時間では、私がリーダー役となり、 SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)の実践をしました。 生徒たちに話した内容は …

勉強の効率を上げる方法 その1

こんにちは!ステップアップ塾講師リーダーの吉田大輝です! 先日、先生のお話担当が僕だったので、 「勉強の効率を上げる方法(vol.1)」について生徒にお話ししました。   内容はこんな感じで …

「インターネットを使って○○する」 – 廣瀬大

4月からボランティア講師で参加させていただいております、サイバー大学4年の廣瀬 大(ひろせ おおき)と申します。  ※写真は夏合宿の際の様子 今回は、初めて「先生のお話」をしましたので、その原稿と感想 …

暗記について

こんにちは! 学生講師の中藤茜です。 1/14の早稲田Bクラスで先生のお話を担当しました。 今回はそのお話についてです。 お話のテーマは、「暗記」でした。 まず、新年に入って初回だったので、お正月らし …

てつ先生のお話 ~なんにでも参加しよう!~

  こんにちは!学生ボランティア講師のてつ先生です。 今日先生が話したいのは「なんにでもとりあえず参加してみよう」ということです。 みんなのなかにも、 もちろん先生の中にも、 人とはなすのが …

Translate:

記事カテゴリー

Translate »