ニュース スタッフ日誌

スタッフの星野です!

投稿日:

こんにちはヾ(・∀・)ノスタッフの星野です。

いつもは先生のお話の時間は先生にお任せしているのですが、
今日(11/12)を最後に、産休&育休に入らせていただくということで、
珍しくお話の時間をいただきました。

 

毎週塾に参加してみんなを見ている中で、伝えたいことはいろいろあります。

普段は「宿題してきた?」「ちゃんとあいさつした?」など口うるさく(`・ω・´)言いますが、

実はそんなこと(いや、それも大事なことですが・・・)より伝えたいことがあります。

今日は、その中でも3つの伝えたいことを山登りの話を交えて話しました。

 

一つ目は「人と自分を比べない」ということ。

 

二つ目は「自分が頑張ったことをきちんと認める」ということ。

 

三つ目は「大きな夢や目標を必ず持たなくちゃいけない!なんてことはない」ということ。

 

例えば、山に登りに例えたら、一番早く頂上に立てる人は「すごいね」「優秀だね」なんて言われたりします。

もちろん、その人は回り道をすることなく早く登ることを頑張ったわけで、評価されて当然です。

でも、寄り道しながら少しずつのんびり登る人だって、

その人なりに頑張りながら登っているわけです。

山に登る前に高地トレーニングをする人がいたとして、

他の人が登っている時間を全てトレーニングに費やしてしまったとしても、

トレーニングを頑張った人もその人なりに頑張っているのです。

そういったことを、早く頂上に到着した人と自分を比べて、

「なんて自分はダメなんだ・・・」と思わないでほしい!ということ、

そしてどうしても比べたくなってしまうのならば、過去の自分と比べよう!ということでした。

その人なりに頑張っているのですから、遅くたって地上にいるときよりも少しは高いところにいるんだ、

トレーニングをする前よりは体力が付いたんだ、ということを認めて、

前と比べて成長した自分を大事にしよう、否定しないようにしよう、という話でした。

これが一つ目と二つ目のメッセージです。

三つ目のメッセージは、

山登りの話しでいけば、必ず立派で大きな山に登らなければいけないと思わなくてもいい、

という話です。

大人が「将来の夢は何?」と聞くとき、どうしても何か立派な職業を答えることを期待して質問しています。

そして、子どもはそれを知っていて、何か立派な職業を答えなければならない、と思って答えます

(本当にその職業に就きたいかどうかは別として・・・)。

本当は、どんな人でありたいか、どんな風に生きていきたいかを考える方がよほど大切なことなのに、

いつの間にかその手段となる「職業」が「夢」に成り代わっているように感じ、

すごく窮屈な考え方だな~と、私は思っているわけです。

職業は手段ですから、大人になって転職したって、悪いことなんてちっともありません。

なのに、何か立派な職業を目指して勉強や訓練を頑張ることをしないと、

何かいけないような、幸せになれないような、

そんなイメージを押し付けられているような気がしてしまう・・・。

これはとっても辛いことだと思うのです。

大きな夢が自分の価値を決めているような考え方になってしまいますから。

もちろん、具体的な職業に向かって努力することは、すばらしいことです。

でも「夢がない私は何てダメなんだ」としょんぼりしてほしくない!ということも、

強く言いたいことの一つです。

子どもたちは、本当に素直でけなげなもので、

大人が期待することに答えよう、親をがっかりさせないようにしよう、と無意識に頑張るんですね。

何か、立派な夢を持っていることにしよう、そういう自分を見せてあげようと無理してしまうのです。

でも、そのことが逆に自信のない自分や、ちょっと苦しい毎日を過ごしている自分を作っているならば、

それは違うと思うのです。

だから、登る山は、大きくても小さくてもいい、

今より少し楽しい自分だったり、少し苦しくない自分だったり、少しかっこいい自分だったり、

そういうことでも十分に山なんだよ、という話をしました。

これが、三つ目のメッセージです。

 

それで、生徒たちからもらった感想は、以下のとおりです。

 

SUJ20151112_01 001

SUJ20151112_02 001

・・・なぜか上から目線のコメントが必ず混ざっているのが、毎回面白いです(笑)。

 

そして、この日は私がしばらくお休みに入るということで、

皆さんから励ましメッセージの色紙をいただきました!

20151112_03

20111112_04

みんなが結構気を使ってコメントしてくれているんだな~(*´v`*)成長したな~(*´v`*)と嬉しく思うと共に、

4年生の生徒からの「子育てがうまくいきますように」とのコメントに、

思わず笑ってしまったのは言うまでもありません。

 

みんな、これからも先生と仲良く勉強を頑張るんだぞ!!

 

ステップアップ塾事務局 星野和香子

***********************************************************

ステップアップ塾では、支援者を随時募集しています。

ご寄付はもちろん、給食の提供や空き店舗などを利用した会場提供も受け付けております。

お問い合わせは、ask@ishintai.org までお願いします。

また、ご寄付の受付は、https://stepup-unesco.com/4supporters/4you/ からお願いいたします。

皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします!

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-ニュース, スタッフ日誌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2014年度 最後の授業前に、皆様へのお礼と学生講師「慰労パーティー」へのお誘い

早いもので、明日12日(木)はステップアップ塾47回目の講義、2014年度最後の日になりました。 最終的な総括は後日また改めて行いますが、ここまで来れたのも100人近い顔のわかる方達からのご寄付と10 …

英単語テスト・無料公開奮闘記~より多くの人が使える英単語テストの開発~

以前、当サイトで入力募集をさせていただいた英単語に関するオリジナル小テストですが、SCSKさんとの協働が進み素晴らしいサンプルがあがってきました。 参考教材として、旺文社の「高校受験でる順ターゲット中 …

講師面接を始めました!

ようやく講師の面接が始まりました。 学生講師早稲田大学商学部2年生の根岸さんは、以前NHKの番組の中で教育格差問題を知り、当塾のような活動をしたいと考えていたそうです。 若いのにとても誠実そうな方で、 …

【拡散希望】2016年度 学生講師(大学生・高校生・専門学生)募集について

会場移転も正式に決まり、2016年に向けて新たな塾運営がスタートします。 つきましては、学生講師ボランティアを継続してくれるであろう早稲田大学の学生を中心としたインカレサークル「ステップアップルズ」は …

募金箱設置運動、はじめました。

こんにちは! ステップアップ塾事務局の星野です。   先日は、クラウドファンディングサイト「READY FOR?」で目標達成することができず、 応援して下さった皆様には、がっかりさせてしまい …

Translate:

記事カテゴリー

Translate »