ニュース 塾長便り

【継続的な野菜支援が決定!@下北沢給食】

投稿日:

前置きとして、少々個人的なことをこちらに書いておきます。

ステップアップ塾事業の事業統括担当でもある星野和香子と私は今年1月25日に入籍し、今月中旬第一子の出産を予定しています。

出産にあわせて私たちは自分たちが経営する制作会社を新宿二丁目に移し、彼女の生まれ育った町である群馬前橋に8月から住居を移しました。義父や義母が近くに住む環境で、母となる彼女が安心して出産できるよう望んだことが一番の目的ではありますが、会計が別とは言えども無駄な支出を抑えながら、塾が継続できる方法を選んだのです。
※ その他の諸事情については、後日書く機会があるかもしれませんが割愛

完全な無料ボランティアで早稲田と下北沢で協力をしてくれる学生講師や社会人スタッフのおかげで、私は基本的に毎週木曜と月末の月曜のみ、塾に参加をする形で調整をしていました。

がしかし、下北沢へのお弁当を格安で提供してくださっていたセブンレイズの方達が、状況によってはレンタカーを手配してまで、運送をしてくださっていたことを知ったのです。

それがシモキタテラスでの給食調理への変化に至る、背景でした。

【トントン拍子に決まった野菜協賛】
vegetables-free-photo

11/30から始まるシモキタテラスでの給食準備を控えた私は、前日29日に前橋の大きな物産店で食材の調達をしに行きました。

「今年の野菜は安いけど、20人単位で毎週調達するのは(労力も予算も)馬鹿にならないよなぁ。」

そんなことを考えながら、野菜スープに入れる大根や白菜、人参を購入し、店舗の隅にあるイートインコーナーでコーヒーを飲んでいた時のことです。

愛想の良さそうなお姉さんの働く姿を見ながら、とある疑問が沸き起こりました。

-この量の野菜、本当に全部売れているのだろうか?-

「お姉さん、野菜の廃棄ってどれくらい出るのかしら?私、実はこんなことをしていて〜。」

するとそのお姉さんは店舗のヘルプに来ていたという、上層部のMさんを紹介してくれました。

プレゼンをする予定ではなかったため資料を持っていたわけではないのですが、廃棄(とは言っても産地直売のためすごく綺麗な野菜類)を減らせて、かつ子ども達の教育に役立てることのできる可能性に賛同をしてくださったMさんと私は12月1日の朝7時に再会を約束、まず実績を作ろうと定期的な野菜協賛を約束してくださりました。
これで、支出を抑えながらも子ども達の体に良い野菜を給食として提供できそうです。

企業名を出したいところではありますが、「群馬の足長おじさん的に関わるから、まだいいや。」とのこと。

本当にありがたいことです。

次は、お肉の協賛を確保していきたいと思っています。
BANNERS_NIKU※現在、バナーリンク先の資料を作成しています。

————————-

12月5日(土)、12日(土)、19日(土)シモキタテラスにて、ブランディア様よりご提供いただいた価値あるリユース品をフリマとして販売します。

お時間ある方は是非、商品購入のご協力をお願いします。

運営資金は100%、ステップアップ塾の運営費に充てられます。

FDKS_a4

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-ニュース, 塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

反射光と透過光の違いによる脳の認識と、当塾におけるタブレット有効活用方法 vol.01

私たち人間は、プリントアウトされた反射光のもとで読む文字情報(紙出力された文字やその他情報)に対し、脳生理学的には「分析モード」になり、心理的には「批判モード」になると言われています。 そのためデザイ …

【拡散希望】2016年度 塾生募集(二次募集)

1月からたくさんのお問い合わせをいただいております2016年度の新入生募集ですが、さまざまな協力団体のご協力のもと、募集規模を維持したまま2016年度の塾運営を新会場で継続できることになりました。 ※ …

男女が仲良く勉強することの意味

当塾に通う生徒たちは小学2年生から中学2年生まで、約半々の男女比の子どもたちで構成されています。 入塾時からまったく人見知りをしない子どももいれば生活環境を心配してしまうほどの人見知りオーラを放つ子ど …

新年度の募集締め切りと、当塾の強み

昨年末から募集をしていた、4月の第3週から始まる2018年度の新規塾生募集。 締め切りである1/31まであと数日ですが、おかげさまで定員55名に対してあとわずかのエントリーで定員に達する勢いです。 諸 …

いろいろな支援の仕方

塾の運営資金を集めるためクラウドファンディング「READY FOR?」に参加をしていた5月中旬、「SOIF」さんと言う団体から「貴塾の取り組みを、当団体のイベントでプレゼンして欲しい」とのお声がかかり …

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

▼学生講師サークル「STEP APPLES」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

記事カテゴリー

Translate:

電話サポート(平日10-18)