塾長便り

ステップアップ塾のやりがい

投稿日:

「儲からないだろうに、よくやるよね。大切なことだとは思うんだけどさ。」
私はよく、人からこう言われます。

確かにたくさんの持ち出しがあります。お金も、人も、体力も。それに加えて時には他人から心ない言葉を吐かれる時もあるので、辛さや人の醜さを感じる時も多々あります。

でも、結局私たちの活動を必要としてくれる人が存在して、子どもたちにとって直接ないしは間接的な成長を間近で感じることができ、毎回いただけるとは限りませんが子どもたちを含む他人様から心からの感謝の気持ちをいただくことができる。活動に賛同してくださった人から、寄付をいただくことだってある。

これは言うなれば、「他者との相互理解交流」とでも言えば良いのでしょうか。

人と繋がりたいなら男女間の恋愛じゃなくとも、お金が絡むビジネスじゃなくても良いと思うのです。

◼︎教職に合格した、という学生講師からの報告

学生時代お世話になった明治大学・星野教授からご紹介をいただき、同大学の教職担当でもある佐藤教授の授業でステップアップ塾のご案内をさせていただいたこともあって、去年明治大学からは二人の学生が当塾を手伝ってくれました。
先日そのうちの一人、竹井先生から約半年ぶりの連絡をいただいたのです。

「去年ステップアップ塾で経験させていただいたことが、面接でも現場実習でも活きて、教職試験に合格しました!だから塾長夫妻と室屋先生(下北沢校の前担当メンバー)には直接お礼が言いたくて・・・。」

そう言いながら就活を無事終えることのできた4年生の彼は、新宿校で久しぶりの講師ボランティアをしてくれた上で、合間の時間に合格証を見せてくれました。

img_2922

◼︎支え、支えられていることの共通認識

私たちが直接的な支援をしているのは、もちろん子どもたちです。私たち管理者はあくまでも先生たちの人間力を信じ、「彼らのお兄ちゃんお姉ちゃんになってくれ」とお願いしているにすぎません。

しかし、勉強が得意でもコミュニケーションが下手な人は子どもたちを通じたコミュニケーション力の向上を、自分の生い立ちの中で埋められなかった兄弟愛を望む人は子どもたちとの直接的な交流を、活動を通じて優秀な仲間を探したい人は大学サークル的な交流を、それぞれがそれぞれの立場で参加する意義を見出し、参加してくれればいいと思っています。

本来社会貢献事業は利害関係のない他者との「相互理解交流」の実感こそが、喜びなのですから。

そんなことを改めて感じさせてくれる青年たちとの交流の場所、ステップアップ塾。

みなさまのおかげで、当塾もステップアップしつつあるようです。

本当にみなさん、ありがとうございます。

本日の視察先である岩手県のビジネスホテルより、心から感謝を込めて。

img_2921

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自ら学ぶココロを育てるために

「勉強をしなさい!」 「挨拶をしなさい!」 「宿題をやりなさい!」 ほとんどの人に経験があることではあると思いますが、子どもはとかく命令されることが嫌い。 たとえそれが「自分のため」を思って言われてい …

「書き初めはもちろん、すべてを面倒くさいと感じた日々」ステップアップ塾通信vol.05 VOICEより転載

新年あけましておめでとうございます。早いもので、一月になりました。私たちは皆さん に一年をかけてステップアップシートへの記入を促し、「目標と計画の大切さ」を伝えてきたので、新年になったからと言って皆さ …

この塾が好きなひと、手を挙げて!

2015年度の授業も本日を除けば、残り4回。 4月以後の2016年度募集を前に、早稲田Bクラスで質問をしてみました。 「この塾に通って成績が伸びたひと、もしくは勉強が嫌いじゃなくなったひと、手を挙げて …

高校生講師として戻ってきてくれた、卒業生

2014年の開塾時、中学1年生だった女子生徒K.Kさん。 入塾以来、まじめな彼女は当塾の指導をよく理解し、1年目にして学校の成績はオール5を取るようになりました。 そして今年は、第一志望の都立高校(偏 …

新年度の募集締め切りと、当塾の強み

昨年末から募集をしていた、4月の第3週から始まる2018年度の新規塾生募集。 締め切りである1/31まであと数日ですが、おかげさまで定員55名に対してあとわずかのエントリーで定員に達する勢いです。 諸 …

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

▼学生講師サークル「STEP APPLES」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

記事カテゴリー

Translate:

電話サポート(平日10-18)