塾長便り

「ひとり親家庭の貧困は単なる自己責任なのか?」子どもたちの未来を社会が支える意味

投稿日:2014年5月1日 更新日:

【詮索されることのわずらわしさ】
そもそも、の話のことです。
ひとり親家庭であることや(両親が)離婚をしたことを、隠したいと考える親御さんや子どもたちは世の中に沢山います。

そりゃそうでしょう。

ひとり親になった経緯が死別にせよ一般的な離婚にせよ、その理由をいちいち他人に詮索されるのを不愉快に思うことは、容易に想像出来るからです。

しかしその分、まわりの人たちはその家庭をひとり親家庭だと認識しません。

結果、望むと望まざるとに関わらずひとり親家庭は情報的に孤立化しやすく、例え有益な支援情報があったとしてもその情報が各家庭には伝わりにくいのです。

教育格差の原因の一つが収入格差であると言う事実はありますが、一方で家庭への「情報(伝達)格差」こそ子どもたちの教育格差を生み出すもう一つの原因と言えるでしょう。

当塾が教育格差におけるフォーカスの対象を「ひとり親家庭の小中学生」にしぼった理由ですが、上記のように家庭の無意識な孤立化で被害を受けるのが「子どもたちの未来」であることが明白であることに、気づいたからです。そして行政が力を入れる「親を対象とした経済的教育支援」とは別の観点で「子どもたちを直接の対象とした学習支援」の環境を提供することに、意義を感じたからなのです。

【離婚と支援に対する世間の認識】
※辛辣なコメントが掲載されていますので、ご注意ください

さて、下記画像を見てください。さまざまな意見が「集約」されています。

top
ヤフーニュース 4月30日:「離活」する女たち お金のことが心配…新たな一歩へ支援広がる より

これは先日、たまたまヤフーニュースに掲載された「「離活」する女たち お金のことが心配…新たな一歩へ支援広がる」と言う記事に対するヤフーのコメント欄です。案の定、該当ページは10時間後に削除されてしまうほど、荒れに荒れました。

あなたはこれを読んで、どのように感じたでしょうか?

【バラマキではないカタチの支援を目指して】
結婚・離婚に対する、いわゆる「自己責任論」。私も想像力を働かさなければ、基本的にその通りだと思っています。なんでもかんでも支援なんて、するべきではないと思っています。

ただしかし「離婚そのものに対する一律で(原因を考慮に入れない)無自覚な批判」は、本当に支援が必要な人たちのココロを傷つけ、世間から孤立させる原因になってしまうことも知っています。その結果、子どもたちの未来を奪うネガティブシステムが形成されてしまうことも知っています。

だからこそ、私は自分でSOSを出せないであろう「ひとり親家庭の小中学生」にターゲットを絞りつつ、所得制限を設けた上で入塾希望者を募り、また世間一般に広くその仕組みに賛同していただく必要があると考えました。

バラマキ支援を望んでいないからこそ、私はまずモデルを作りたいと考えたのです。

さまざまな立場でご賛同いただける人たちを、まだまだ募集しています。よろしくお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物品による寄付「ローテーブル」が届きました

ステップアップ塾の会場となる新宿区北山伏町の建物は、通常NPO法人ゆったりーのが朝の10時から16時まで、育児や保育の支援施設として稼働しており、私たちは木曜だけ場所を貸していただきながら学習支援をし …

子どもたちの表情を明るくする、課外授業

毎回塾に参加するたび、子どもたちの表情が柔らかくなっていくのを見るのが、一サポーターとしてとても嬉しく感じている、塾長の濱松です。皆さまいかがお過ごしでしょうか? さて先日の5月10日(土)、風がとて …

オリジナル募金箱の活用法

ありがたいことに繁盛している居酒屋さんなどから、当塾の募金箱を置いてくださるとの申し出をいただくことが増えています。 ただ実は募金箱、鍵がついていたり作りがしっかりしているものは1個あたり2,000円 …

熊本地震で被災された小・中学生の受け入れについて

熊本地震が発生して、約10日。現地のみなさまにおかれましては、とても不安な毎日を過ごされていると心よりお見舞い申し上げます。 東日本大震災時、被災地での現地支援を二年間継続した我々維新隊ユネスコは、罹 …

(NPO)二枚目の名刺様からつながった、SCSK(株)様とのプロボノ協業

NPO法人二枚目の名刺さんからのご縁で始まる、SCSK(株)さんとのプロボノ協業を控え、先日豊洲のSCSK本社にて行われたイベントにてプレゼンをしてまいりました。 プロボノとは、各分野の専門家が職業上 …

Translate:

記事カテゴリー

Translate »