ニュース 塾長便り

反射光と透過光の違いによる脳の認識と、当塾におけるタブレット有効活用方法 vol.01

投稿日:2017年7月30日 更新日:

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa-8

私たち人間は、プリントアウトされた反射光のもとで読む文字情報(紙出力された文字やその他情報)に対し、脳生理学的には「分析モード」になり、心理的には「批判モード」になると言われています。

そのためデザイン上の紙出力はもちろん、原稿をプリンターで印刷しながら文字チェックをする時、色味だけではなく文章や誤字などを含めてミスを発見しやすいのです。

反対にパソコンやiPhone、タブレットなど透過光のもとで読む文字情報(光っている画面上で見る文字やその他情報)を人間は脳生理学的に「パターン認識モード」として認識し、心理的には「くつろぎモード」になると言われています。

この事実は、メディア論で有名なマクルーハンの言葉を借りるまでもなく体験上わかっていたことなので、当塾では開塾以来紙出力を前提に指導をしてきましたし、基本的には今後もその方針を変えるつもりもありません。

無料塾における、タブレットの可能性

IMG_6191
しかし当たり前のことですが、50人近い生徒に対して問題も解答も含めて紙出力だけに頼ると、毎回上記の写真レベルで印刷が必要となってしまうため、予算的にも効率が良いとは言えません。

そこで解答だけでもデータをタブレットに入れることが出来れば印刷費の削減はもちろん、講師ボランティアが解答を探す手間も省けるんだけどなぁ、と悩んでおりました。

また生徒の学習進度や家庭のプライバシーを含む情報などは指導の上でも申し送りが必要な場合が多いのですが、持ち出しNGを前提とした専用端末が教室にあればクラウドでのログイン処理が可能となるので、提供いただいている指導教材「トレーニングペーパー」の著作権保護も含めて、情報管理がしやすくなると言えるのです。

開塾以来、そのことには気づいていても寄付に頼る無料塾の弱みとして、どうしても贅沢品として捉えられがちなタブレットの導入は、なかなか踏み切れませんでした。

無限の可能性!(株)forEst様からの40台のタブレット提供

IMG_6076
※ (株)forEstの三箇様、先日はありがとうございました!

ところがさまざまなご縁をつないでくださる私塾界・山田先生のご紹介で(株)forEstの代表取締役・後藤さんから、企業内で使うことのなくなったと言うPANASONIC製の旧型タブレットを40台ご提供いただけることになり、先日性能チェックを経て無事に当塾に納入されることになりました。

これを機会に無料塾ならではの運用法を確立し、当塾の生徒はもちろん世界中の子ども達に学びの機会を提供できる一助になりたいな、と改めて思いました。

ご支援くださる方達のお気持ちに報いるためには精進あるのみ、なのです。

logo

☆★☆★☆★☆★☆★
当塾のLPページが完成しました!
・「次世代日本は貧しい国!?」生まれ育った環境によって生じる、教育格差のリアル
・家庭と学校教育に潜む、教育格差の原因と背景など、現場からの声をもとに製作しています。

ぜひ、ご確認ください。
http://suj.ishintai.org

※ 資料等をご使用したい場合は、当塾までご相談ください。
無断転載はご遠慮願います。

-ニュース, 塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自ら学ぶココロを育てるために

「勉強をしなさい!」 「挨拶をしなさい!」 「宿題をやりなさい!」 ほとんどの人に経験があることではあると思いますが、子どもはとかく命令されることが嫌い。 たとえそれが「自分のため」を思って言われてい …

第二次塾生の募集をスタートしました

今回、当塾の塾生を募集するにあたってひとり親家庭の小中学生はもちろん、被災地から東京に逃げている家庭の子どもたちも支援の対象としているのですが、今のところ一件も応募がありません。 そこで25日までと定 …

2015年度の講師説明会が終了しました

昨日は講師説明会でした。 天気が悪く足もとが悪い上に直前の呼びかけになってしまったにも関わらず、早稲田の学生をはじめ8名の熱い新学生講師候補と社会人が集まってくださりました。 本当に有り難いことだ、と …

講師面接を始めました!

ようやく講師の面接が始まりました。 学生講師早稲田大学商学部2年生の根岸さんは、以前NHKの番組の中で教育格差問題を知り、当塾のような活動をしたいと考えていたそうです。 若いのにとても誠実そうな方で、 …

新年度の募集締め切りと、当塾の強み

昨年末から募集をしていた、4月の第3週から始まる2018年度の新規塾生募集。 締め切りである1/31まであと数日ですが、おかげさまで定員55名に対してあとわずかのエントリーで定員に達する勢いです。 諸 …

記事カテゴリー

Translate:

電話サポート(平日10-18)