プロジェクトの背景と概要

◆ 子ども達に、塾のない日も安心して勉強できる場を提供したい!

トレーラーハウス型ラーニング・スペースを東京から全国に!

新宿区で教育機会の不均衡(教育格差)解消に取り組む「食事つき個別指導型無料塾・ ステップアップ塾」は、2018年4月で5期目の運営となります。

数年にわたる独自アンケートと子ども達とのコミュニケーションを通じ、教育格差の渦中にいる子ども達は想像以上にお腹を空かせ、かつ家庭環境または学校環境での不安を抱えながら勉強をせざるをえない状況を知った私達は、今までの塾運営を継続しながらも平日に利用のできるトレーラーハウスの自習室を都内でスタートできるよう、現在さまざまな準備をしています。

あくまでも自習が前提ではありますが、早稲田大学を中心とした当塾に登録する学生講師達がインターネットを介して子ども達に学習のアドバイスができるシステムを整え、同時に各地のフードバンクと連携をしながら子ども達が安心のできる学習環境を、全国に届けたいと考えています。

結果、前向きな解決策として企画したのが、食事つきトレーラーハウス自習室「Study Camp」です。

プロジェクトの強みとメリット

◆ ステップアップ塾が運営を行う強み

  • ステップアップ塾の運営ノウハウを利用できる。
  • 早稲田大学を中心としたボランティア学生講師が多数集まる。
  • フードバンクと既に連携をしているため、食事の提供ができる。

◆ トレーラーハウスを利用するメリット

寄付をする

予算案


沿革
※ 2018年8月10日 牽引用車両&トレーラーハウス製作中(写真)
※ 2018年3月30日 車両&トレーラーハウス協賛内定
近日情報公開。
※ 牽引免許:2018年3月にステップアップ塾長・濱松が取得予定済。

寄付をする

非公開: 支援者へのお礼

支援者のお名前をウッドタイトルに刻印します!

個人情報のため任意ではありますが、お名前を9cm×9cmのウッドタイルにレーザー刻印をさせていただきたいと思います。

◆ 3年以内の目標:5,000円/1口のご支援を、6,000口獲得すること

・1,500万円集まれば、2台の食事つき自習室トレーラーを。(※1)

・2,000万円集まれば、3台の食事つき自習室トレーラーの「設置を優先」します。(※2)

1台目は東京の新宿区内に設置(※3)し、以後は関東圏を優先します。支援者の希望設置エリアを確認し、地域との調整をしながら優先順位を決めていきますので、みなさまのご協力をお待ちしています。

※1 1台分の年間運営費(約500万円)で、他1台を遠隔管理する場合
※2 1台分の年間運営費(約500万円)で、他2台を遠隔管理する場合
※3 新宿区および東京都と調整中(2018年2月18日現在)
※ 任意のレーザー刻印に問題がない方は、「進捗状況」ページで刻印状況の写真撮影を行い、掲載を行うことでご報告に代えさせていただきます。

寄付をする

進捗状況