当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

クリスマスキャンペーン スタッフ日誌

進級について

投稿日:

塾に「教育格差」といったテーマで取材に来て下さる学生さんと話していて、
いつも再確認することの一つが、学校の制度の問題です。
義務教育の期間は、
勉強がわかってもわからなくても4月になったら次の学年になる、ここが結構な問題なわけです。

前の学年の勉強が全部わかっているから次の学年になるわけではなく、年齢によって決められてしまう、
このことが、子どもたちを苦しめる一つの要因になっています。
でも、先生は全然悪くないです。
限られた時間の中で、精一杯分かりやすい授業を作るために準備して、大人数を相手にやっているわけです。
クラス全員一人一人に付き合いきれないのも当然です。
一番理解が遅い子どもに合わせて進めていたら、年間の授業内容を消化できるわけもないのです。
だから、わかっていてもわかっていなくても次の学年になってしまう。
それで、次の学年になったら、前の学年の勉強はわかってる前提で進められるので、ますますわからないことが重なっていく。
わかっていない、ということを友達に悟られたくないので、もちろん分かったふりをして過ごし、先生に質問もしない。
家で「勉強が分からないんだけど」なんて言えば、「ちゃんと聞いてなかったんでしょ!もう一回先生に聞いて来なさい!」なんて叱られるかもしれない。叱られなかったとしても、親の落胆した表情からは免れられないと考えるでしょう。
それなら家で以前の教科書を引っ張り出して自力で復習すればいいと言われても、低学年の子どもや自信をなくした子どもが「わからなかった勉強に取り組む(=わからなかった自分に立ち向かう)」なんてことは、そうそうできるものではありません。
残された道は、塾です。
塾に行って、学年ではなく学力や習得レベルに応じた勉強をさせてもらうことしか、わからなかった勉強を埋め合わせる方法はないのかもしれません。

家庭の事情によって、この道を閉ざされてしまうっていうことがどういうことなのか、もう少し多くの方に知ってほしいなと思うときがあります。

それは「教育格差」について、「塾に行けないことで格差云々言われているらしいけど、学校があるじゃないか!学校で勉強できているのに塾に行けないから支援しようなんて、贅沢な話だ!昔は塾なんかなかったぞ!」というご意見をいただくときです。
これはもう、学校という仕組みを見直さないかぎり根本的な解決は難しいと感じます。「●○対策」を新しく講じるより、今あることが原因で起きている問題なんだから、今ある仕組みを見直してほしいなと、無料塾の事務のおばさんは思うわけです。

**************

クリスマス洋書プレゼントキャンペーン2019~英語で広がる子どもたちの未来~
キャンペーンページはこちらです。
みなさんのご寄付が、子ども達へのプレゼントになります。
→Syncable キャンペーンサイト
https://syncable.biz/campaign/758?

-クリスマスキャンペーン, スタッフ日誌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最初はポスターから

開塾一年目のとき。もちろん知名度ゼロで始める中でどうやって必要な人に知らせようかと考えて、学生会員に協力してもらい飲食店やスーパーにポスターを貼りに行きました。塾を思い立った約六年前は、もしかしたら塾 …

あたまの準備体操

こんにちは! 事務局の星野です。 今日は、先生のお話がお休み、ということで、 「あたまの準備体操」と称しまして、 勉強に入る前にあたまを動かすトレーニングをしてみました。 トレーニング、といっても、み …

2019年度の授業が無事終了!➀

2019年度の授業も、2/27(木)をもちまして無事に全て終了しました! 希しくもこの日、総理大臣から全ての小・中・高に3/2から休講要請が発表された日になってしまいました。 みんなで集まれる最後の日 …

食事のはなし

困っている子どもは、本当に見えにくい、という話。 晩ご飯は、子どもたちが「勉強がんばったら美味しいご飯が待っている!」っていう、モチベーションの一つにしてほしくて、またいつも一人でご飯を食べていたり、 …

2014年度を終えて

多くの支援者や関係者のご協力のお陰様で、昨日ステップアップ塾2014年度予定分47回(うち台風休講1回・インフルエンザ休講1回)が終了いたしました。 無茶を承知で始めた見切り発車的なスタートではありま …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)