当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

保護者の方へ

メニュー
保護者の方へ
2020年度 入塾方法
入塾FAQ

保護者の方へ

まずはじめに、保護者のみなさまにお願いがあります。
それは、みなさまが本当に子どもの学力向上を望むのであれば、お子様の教育を塾や学校任せにしないで欲しい、ということです。

当塾では毎年PDCAサイクルを意識した「ステップアップシート」を使うことで講師と保護者間の指導進捗を共有し、子どもの学習状況の改善に役立てています。

しかし当然の結果ではありますが、当塾と保護者の間でお約束をさせていただいている確認のサインすらしていただけないご家庭の子どもは学力向上の伸び率が低く、また逆に積極的なご家庭の子どもは成績が向上しやすい傾向が確認されています。

子ども達の学力向上には、保護者と塾のコミュニケーションは不可欠と言えますので、当塾からの配布物や連絡には特に積極的なご対応をお願いします。

※ 子どもの要望に応じて宿題や授業の補習などにも対応可能ですが、進学校への受験対策などをお望みの場合、おすすめの参考書や問題集などを別途有償にてご案内させていただきますので各自ご購入ください。
※ 通常および課外学習を学校の行事などでお休みする場合、必ず保護者からのご連絡をお願いします。年間一度も課外授業に参加をしないお子さんは、次年度のエントリーから外させていただく場合があります。
※ メーリングリストなどの確認は、必ずお願いします。
※ 携帯電話でのメールを受信される場合、ishintai.org、stepup-unesco.com二つのドメイン指定解除をお願いします。

上部メニューへ

2020年度 入塾方法


※PDFはこちら

2020年ステップアップ塾では新年度の入塾を希望される小・中学生を新たに募集いたします。

入塾を希望される場合は上記のチラシと下記詳細情報を必ずご確認いただき学力向上の意志と当塾の方針にご賛同いただける方のみ、お申し込みください。
新年度にあわせた前期お申し込み期間は2020年2月16日から3月15日とします。
よろしくお願いします。

【入塾に関する詳細情報】
◆目 的
家庭の事情等で一般的な有料塾に通うことができない小・中学生の学習支援
◆対 象
小学4年生~中学3年生 ※応相談
◆定 員
30名
◆教科・教材
●教科:算数/数学、英語
●教材:通信教材「トレーニングペーパー」、森塾教材「フォレスタ」、他
※ご希望に応じて、受験対策も行いますが、受験校の過去問など必要な教材費
は各ご家庭でご負担ください。
◆月 謝
①年収138万円未満のご家庭:無料
②年収276万円未満のご家庭:¥2,000/月/人
③年収276万円以上のご家庭:¥4,000/月/人
※月謝は教材費、食費、会場使用料などに使用します。
※月謝は毎月25日までに翌月分を指定口座にご入金ください。
◆運営期間&申込期間
●運営期間:4月第3週から翌2月28日までの毎週木曜日
※祝祭日、お盆休み期間、12月23日から翌1月8日までの年末年始は休講とします。
●入塾申込受付期間:2/16(日)~3/15(日)
※入塾の可否については、受付期間終了後にお申込者全員にお知らせします。
※欠員が出た場合、ホームページに随時情報を掲載します。
◆ココロメンテナンス
・希望される方には完全予約制(一ヶ月前~)にて、精神保健福祉士スタッフによる無償カウンセリングサービスを実施しています。お子さんのみ、保護者のみ、親子で、のいずれのカウンセリングも可能です。
◆必ずご確認下さい
・奇数月の第二土曜日に開催している課外授業(清掃活動など)には、学校行事等やむを得ない事情を除き、原則として参加してください。
・保護者への連絡事項はsuj@ishintai.orgからメールでお送りします。必ず受信できるように設定していただき、連絡に対する返信は必ず行って下さい。
・原則として毎週参加できる方にお申し込みいただいいております。部活動や習い事、保護者の送迎の都合で毎回の出席ができない方はお申し込みをご遠慮いただきますので、予定の調整や通塾経路の確認をしておいて下さい。
・やむを得ず遅刻や欠席をする場合は、必ず保護者の方からご連絡をして下さい。無断遅刻や無断欠席が続く場合は、通塾をご遠慮いただくことがございます。
・当塾では礼儀や挨拶を教育の一環と考え、大切にしています。

上部メニューへ

お悩み相談室

 miya
ゆか先生を予約
精神保健福祉士
 病院勤務のメンタル・スペシャリスト。いじめを含むさまざまな生活の悩みにお答えします。

子どもたちの学習能力向上において、最も大切なこととはなんでしょうか?それは「安心して学べる学習環境と反復練習」、それに尽きると言えます。なぜか。

・爆撃機が頭上を飛び、爆弾が落ちる恐怖に怯えながら勉強をしても知識は頭に入らない
・反復的な筋トレを怠れば、筋肉は落ちる。

理屈はこれと同じです。

プロスポーツ選手や数学オリンピックで賞を取るためには、努力と生まれ持った才能が必要です。しかし、一般的な大学進学に求められることは、訓練とも言える反復的な学習を子ども達がどれだけ積み重ねて来たかに過ぎません。逆に言えば、勉強が楽しくなるよう工夫してあげれば良いのです。

だからこそ私たちは子どもたちが勉強に集中出来る仕組を作ろうと、精神保健福祉士や保健士・看護師など心のあるメンバーによるご協力のもとで、2015年度からステップアップ塾の心理チームを組織し、悩み相談室を開設しました。

対面サポートの時間的制約はありますが、メール相談であれば24時間誰もがご利用可能です。

是非お気軽にご利用ください。

ステップアップ塾 心理チーム 悩み相談室

対象:ステップアップ塾の塾生(本人)および保護者

【対面サポート】
日時:平日
時間:19:00〜21:00 (目安:内30分)
予約:必要 (一ヶ月前まで)
担当:ゆか先生
料金:無料 (回数制限あり)
場所:新宿校
※ 会場レンタルをしている関係上、当日のキャンセルはご遠慮ください。

上部メニューへ

入塾FAQ

入塾FAQ
Q1.ステップアップ塾では毎回小テストを実施している、と聞きました。うちの子はテストが苦手なので、免除してもらうことはできますか?
A1.当塾は子ども達の居場所としての機能も大切に考えてはおりますが、それ以上に子ども達の成績を上げ、人生の選択肢を増やすことを目的に運営しています。成績を上げるために小テストを繰り返すことは、必要があるから行っているのです。

また子ども達が人生を歩む中で、テストは「逃れられない現実」であり、宿命であると私たちは考えています。
逃げられないのであれば、テストに慣れることのできる環境を提供し、実力を発揮できるようにトレーニングをしていくことが、子ども達への誠実な対応であり支援ではないでしょうか?

「子どもが苦手だから」という理由でテストを受けないで済むようにしてあげたい、と保護者の方がお考えであるならば、教育格差を是正したいと望む当塾の方針と一致しませんので、お申込みはご遠慮下さい。

そのような理由から、特別扱いはお断りします。

Q2.ステップアップ塾は毎回宿題が出ると聞いています。宿題を免除してもらうことはできますか?
A2.申し訳ありませんが、宿題は全員に、ほぼ毎回義務づけています。宿題も、テストと同じく特別扱いはできません。
なぜなら授業の中で担当した講師が「理解が足りていない」と判断した部分を家庭学習(宿題)で補い、分からないところを指導するのが当塾の役割だからです。

学習が足りていないと判断される部分があれば、それを補う宿題は学力向上を望み当塾に通うのであれば、当然の課題であると考えます。

なお、今までの学習に対して充分な理解をしている生徒は、むしろ学習意欲が高く「宿題を出して下さい」と要望する傾向にあるので、学力に応じた宿題を課すことにしています。

Q3.ステップアップ塾は「給食が出る子どもの居場所」ですか?
A3.ステップアップ塾はただの「居場所」ではありません。学習意欲がある子どもの学びを支援する「学習塾」です。勉強する気持ちのあるお子さんに、お申込みいただいております。

Q4.軽度の発達障がいのある子どもでも、入塾できますか?
A4.ステップアップ塾には、専門的なケアスタッフはいません。また他のお子さんと同じように、ボランティアの講師が学習の指導にあたり、特別なプログラムを実施するわけではありません。
その点を保護者の方とご本人がご了承いただいた上で、和を乱す行動がないのであれば、受け入れは可能です。

上部メニューへ

投稿日:2015年3月30日 更新日:

執筆者:


  1. 田中真弓 より:

    2020年度の募集はありますか?

    • HoshinoWakako より:

      はい。募集を行う予定です。募集情報の公開まで、少々お時間下さい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)