塾長便り

いろいろな支援の仕方

投稿日:2014年6月27日 更新日:

塾の運営資金を集めるためクラウドファンディング「READY FOR?」に参加をしていた5月中旬、「SOIF」さんと言う団体から「貴塾の取り組みを、当団体のイベントでプレゼンして欲しい」とのお声がかかりました。

自分たちの活動を「日本の寄付文化に風穴をあける大人の遊び」と位置づけ、第一回目のイベントテーマを「教育・子ども」に設定、「READY FOR?」の中から支援の対象となりそうな団体を3つに絞った上で、私たちにも声をかけてくださったとのこと。

当塾の運営母体である(特非)環境維新隊東京ユネスコクラブも掲げていることですが、せっかくの良いことも「あそび」と言う軽さがないと、現代の日本社会では支持が広がりにくい。

手法は違えども、SOIFさんの心意気にとても共感出来たので、事業担当の星野とともにありがたく参加させていただくことにしました。

IMG_4744 会場で話を詳しく聞いてみると、メンバーたちは現役の若手エリートたち。省庁で働くキャリアや会社社長そして学生など、さまざまな立場の方が参加されていました。

いわく、「自分たちが直接には出来ない社会的な課題解決に向けて動く人たちを支えることで、寄付文化を『楽しく』根づかせていきたい。一過性のものではなく継続的に支援の対象を探していきたい。」そうで、会場に集った20人ほどの一般参加者たちにもただ講演を聞くのではなく、この日のイベントを通じて「寄付体験」をしてもらうと言う試みでした。

「この人たちは同志とも言える、本当のエリートだな。」、お世辞抜きでそう思うと同時に、理解者が存在することにとてもココロが踊りました。

<それぞれの支援対象のちがい>

会場に集まった他団体は、インドのスラムに学校建設を計画するレンボーチルドレンの石川さん、弱視の子どもたちにより良いデザインのノート製作を試みる伊敷さんなど、それぞれの視点で社会的課題を解決するために奔走する、それぞれがそれぞれに素晴らしいリーダーたち。

「子ども・教育」を軸にしつつも、それぞれの団体が支援する対象は明確に異なっており「貧困国」「障がいを持つ方達」「ひとり親家庭の小中学生」と言うわかりやすさのもと、カテゴリが整理された上で団体への参加を呼びかけていたところも、「あそび」と言いつつも誠実さが感じられるイベントのポイントでもありました。

IMG_4755肝心のプレゼンですが、我らが事業担当星野によるプレゼンがスムーズに進行したおかげで、会場の参加者たちには多大なご支援をいただくことが出来ました。

ただその反面、READY FOR?の結果は当団体だけが、失敗。

原因はさまざまにあるにせよ、呼びかけてくれたSOIFのみなさんには特に申し訳ない気がしました。

<相対的貧困に関する、表現の難しさ>

この体験があったからこそ、私たちは上記の活動CM制作にとりかかったのですが、ここでもさまざまな表現上の問題が浮上しました。

手っ取り早い方法としては、現在塾に通っている子どもたちが「ステップアップ塾に通う前に感じていたこと。通ってから変わって来たこと。」をはっきりと言葉にしてくれることです。
子どもたちの中には、おそらく頼めば引き受けてくれる子もいるとは思いますが、保護者の立場を考えれば押し付けがましいお願いはできませんし、私たちも善意の押し売りがしたい訳でもありません。

相対的貧困(家庭環境や背景を含む)に関する取り扱いの難しさは、支援対象者の顔やメッセージを前面に出せない活動(子どもたちと保護者のプライバシー保護、イジメ防止対策など)のため、運営当事者として知っている彼ら彼女の窮状も言葉にすることが出来ない現状があるのです。

安心出来る環境で育った方たちにはあまり想像出来ないことだとは思うのですが、苦しくても声をあげることができない子どもたちは沢山います。

「貧しいって言われても、服も着てるし雨露しのげる環境なんでしょ?」と思われたり、「給食を出すって、そこまでする必要あるの?」と言われることもありますが、そこは「察して」ください。

必要、あるのです。

<授業参観および講演依頼のおねがい>

子どもは見せ物ではありません。しかし、上記の通り言葉では説明しきれない複雑な問題を抱えているのが、教育格差を抱える我が国の社会課題なのです。

これは正直、見てもらえばわかることも多々あると思っています。ゆえに授業風景を見ていただき、回を重ねる毎に空調の音が聞こえるくらい、集中するようになった子どもたちを見てもらえば、いろいろわかると思います。

必要とあれば私自身が説明にあがります。そして現在財政上の運営問題を抱える当塾への支援を、みなさまにもご理解いただけると幸いです。
自分たちの子どもたちが安全に、健やかに育つためにも社会全体が子どもたちを支えるシステムが必要なのです。

そして講演依頼をいただき、いただける謝金があるのであれば、それも寄付として100%運営資金にまわします。

ご理解ください。よろしくお願いします。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

生徒たちへのエールと、さまざまなご支援

2017年度の学習指導は、ついに今週22日(木曜)で最後です。 滑り止めを受けられる高校受験組の私立合格報告はすでに数人から聞いていましたが、彼らの多くにとって今週末に行われる都立受験は、まさしく本番 …

「効率的な作業」の現実化で思うこと

当塾の運営は当日以外にもたくさんの業務を抱えていることは先日の記事にも記載をしていましたが、現在IT企業のSCSKさんのプロボノ協力のもとで、小テストの作成はもちろんさまざまな業務の効率化を図っていま …

「生徒および保護者のみなさまへのご挨拶」ステップアップ塾通信vol.01 VOICEより転載

「教育支援は、本来日本政府が考えるべきことだ!」– 教育格差という言葉自体、あまりメディアでの報道がされていなかった開塾当初、当塾への支援や協働を呼びかけると、私は決まって冒頭に書いたよう …

緊急事態宣言への対応

NHK『令和3年緊急事態宣言の措置内容」 3回目となる緊急事態宣言の発令により、基本的にオンラインでの学習支援に力を入れている当団体の学習支援ではありますが、オンライン環境がないなど一部生徒の要望に合 …

段階的なPCのレベルアップで見えて来た、新たな可能性

50人ほどの生徒の学習ログの管理や、講師スタッフだけでも年間60人(2017年度講師スタッフ登録数:84人)を超える出欠管理を目視で行って来た当塾にとって、去年IT企業のSCSK(株)様からプロボノと …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2021年SUJ公式「私が勉強する意味」
-学生ボランティア講師からのメッセージ-

▼2021年SUJ公式
「オンライン授業下の工夫」

▼2018年放送
日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼税控除サイトで活動指定寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼入塾資料請求フォーム

▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)