塾長便り

「食事とやる気(学力)の相関関係について」ステップアップ塾通信vol.02 VOICEより転載

投稿日:2016年10月1日 更新日:

「腹が減っては、戦は出来ぬ。」–
このことわざは、食事はもちろん日々の体調を整えることの大切さを物語っている。

わかりやすい例を現在放送されている大河ドラマ「真田丸」にちなんで挙げれば、関ヶ原の合戦で兵力の勝った西軍が敗れた理由の一つに大将三成が合戦当日、下痢に苦しみ采配に失敗したことも有名な話ではないだろうか。

そもそも人間の体は外部からの栄養や水分を摂取することで維持されており、判断を行う脳の成分は水分が80%、残りはアミノ酸などで組成されている。にも関わらず朝食や晩御飯を抜く、もしくは簡単な食事で済ませてしまうのは、燃料を入れずに精神論だけで働かせようとするに等しいと言える。週に一度の塾で晩御飯を出し、週に二度の朝活カレークラブを実施するのもそんな理由であることを、ぜひ保護者の皆様にはご理解をいただきたい。

朝ごはんを抜いても、生きてはいける。ただ敢えて書かせていただければ、現代社会における戦とはすなわち「他者との競争」であり、それは子どもも例外ではない。勉強やスポーツに加えて学校生活の中で起こり得るいじめや学級崩壊などに立ち向かう気力を充実させるためにも、まず腹を満たしてやることが肝心なのだ。

幸いにも当塾はセカンドハーベストジャパン様や(株)八洋様が食事に関する支援を継続してくださっており、10月からは新たに東京ワセダロータリークラブ様による肉の協賛が始まる。子ども達を支える社会的な仕組み作りは、試行錯誤を繰り返さなければ完成しない。遠慮せず、どんどん当塾を活用して欲しい。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

※2016年9月1日より、毎月紙媒体として発行されている学級新聞(4P〜6P)から、定期的に塾長担当記事の「VOICE」のみを転載しています。学級通信は、当塾への支援者を対象に送付、または授業参観にお越しの方への参考資料としてお渡ししています。
IMAGINATION_OctOL

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

察してもらえる、ありがたさ

卓話をきっかけに、一昨年の秋から当塾にさまざまな支援をしてくださる東京ワセダロータリークラブ。 セカンドハーベスト・ジャパンを中心に廃棄食材をいただける体制になりながらも、肉や魚などのたんぱく質源への …

「ひとり親家庭の貧困は単なる自己責任なのか?」子どもたちの未来を社会が支える意味

詮索されることのわずらわしさ そもそも、の話のことです。 ひとり親家庭であることや(両親が)離婚をしたことを、隠したいと考える親御さんや子どもたちは世の中に沢山います。 そりゃそうでしょう。 ひとり親 …

【早いもので年内最終。下北沢 vol.36】

前橋の有志Mさんから美味しそうな野菜やリンゴをありがたく引き取って後、本日は群馬を朝7時に出発。 11時半、尊敬する方の経営する発達障害のお子さんを対象にした運動療育「Spark」さんの活動を1時間ほ …

新年のご挨拶とメディアページの更新

新年明けましておめでとうございます。 今年もみなさま、どうぞよろしくお願いします。 さて今年の初授業は1月6日(土)、当塾にとっての課外授業であるチーム対抗ゴミ拾いゲーム「胸キュン!GOMI拾い@両国 …

東京ワセダロータリークラブ様による継続的なご支援

食材等の提供の他にもPCやメモリなど、2015年以来ことあるごとに当塾を継続的にご支援くださる「東京ワセダロータリークラブ様。 当団体が他団体に先駆けてオンライン授業の環境を整えられたのも、同団体によ …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2021年SUJ公式「私が勉強する意味」
-学生ボランティア講師からのメッセージ-

▼2021年SUJ公式
「オンライン授業下の工夫」

▼2018年放送
日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼税控除サイトで活動指定寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼入塾資料請求フォーム

▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)