塾長便り

ジャパン建材㈱の木材協賛と内装工事初日

投稿日:2018年11月1日 更新日:


10月31日から、トレーラーハウス内の内装工事がついに始まりました。

そもそも特別協賛のFLEX㈱様は当塾の希望通りにトレーラーハウスをメーカーに注文してくださってはいたのですが、せめて内装部分はステップアップ塾で教鞭を振るう学生講師達と設計したいと考え、今年の春から本日までさまざまな準備を重ねていたのです。

ところが想いのある人が集まればこれは必然とも言える話なのですが、材料はより本物志向、いわゆる無垢材を求める雰囲気が設計チームから生まれました。

教育界の偉い方が好む欧州発の教育法は、たいてい自然の木材を学習環境に取り入れていますし、お金があろうがあるまいが子ども達のことを考えれば可能な限り良い学習環境で勉強をさせてあげたい気持ちはあるものの、まだ協賛の目標金額として150万円ほどが足りない状況でGOサインを出すのも運営者としては、あまり良くない判断です。

しかし予算の都合で彼らの気持ちを踏みにじるのは代表としてちょっと違和感があったため、まず木材提供をしてくださる企業を探すことにしました。

✅ 運ばれて来た、J-GREENの無垢材


動ける時間が短かったぶん、一所懸命いろいろな手を尽くしたからでしょう、巡り巡って大手のジャパン建材㈱・小川社長とご縁を作ることができ、お会いする機会をいただきました。

そしてありがたいことにその場で木材提供をお約束いただき、工事初日を迎えることができたのです。

31日朝9時、大量の木材とともに担当の坂東さんが現場に来てくれました。運搬の費用だけでも当団体にとっては恐怖でしかありませんので、この時改めて本当にありがたいことだなぁと感じました。

しかも届いた木材は、J-GREENと言う国内管理下において採取された素性が正しく美しい木材たち。

木材の詳しい説明は上記リンクに譲りますが、床材としてお願いした杉材は間伐材だったため地球を愛する一人の日本人として特に嬉しく感じたポイントでもありましたね。
 
積荷を降ろしながらも現場ではあまり役に立たないことを察知した私は、本格的な作業は午後からになることを考慮に入れつつ、坂東さんが一度帰ったタイミングを利用しながら、せめてみなさんが休める場所を作ろうと簡易テントを設営してみました。
まぁ、ある意味自己満足ですけどね。(笑

13時になり坂東さんとともに本日の技術指導をしてくださる大工の松坂さん、そして営業チームの大澤さんが来てくださったので、設計チームのリーダーでもある早稲田大学の学生講師であるたくみ君と松尾君、そして彼らの建築科友達と言うナカシマ君、ユメノちゃんを紹介し、作業がスタートしました。

 
陽が落ちる最後の最後まで率先して作業をしてくださった大工の松坂さんは、写真がブレてしまうほどのスピード感で終始ご協力くださりました。

またさすが建築科の学生達は課題でインパクトを使い慣れているせいか、効率的に作業をしてくれたため、床張りまで終えることが出来ました。

残すところ壁張り3/4と天井全面、そして階段とカウンター作りですがかなり進めることが出来たように思います。

まだまだ作業は続きますが改めて、ご協力くださったみなさまに心より御礼申し上げます。

ありがとうございました!

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【本を通じた寄付】読まなくなった本でできる、ありがとうブックを通じたご寄付について

※ 画像:ありがとうブックさんより 新宿区子ども未来基金にて活動報告をしたご縁から、本の買取金額を寄付にまわしていただける仕組みをお持ちの「ありがとうブック」さんが、当塾への支援協力をしてくださること …

「障害者自立支援センターむく」への共感

最近の私はステップアップ塾の運営はもちろん、食事つきトレーラーハウス自習室「STUDY CAMP」実現のため、さまざまな支援者の方を通じてさまざまな方にお会いさせていただいているのですが、先日ご紹介い …

2014年度の生徒から届いた嬉しい報告 〜面談期間の一コマ〜

3月に入ってから月〜木の19時以後、ほぼ毎日30分単位で新年度の通塾希望者と三者面談をしています。 いつもはほぼ新規通塾希望者の面談で予定は埋められているのですが、今日は4件の面談のうち2014年度か …

夏期合宿「Study Boot Camp2015」を終えて

今年度のひとつの挑戦が、ようやく終わりました。当塾の夏期合宿「Study Boot Camp2015」です。 去年通っていた生徒へのアンケートの中で出てきた「みんなとお泊まりしたい」と言う子どもたちの …

ご支援の使いみち、いろいろ

私たちの活動の多くは無償が基本のボランティアとはいえ、40人を超える子ども達ひとりひとりに合う教材や物品、資材を用意する手間や経費は年間にするとかなりの時間とお金がかかっています。 私たちの想いに賛同 …

記事カテゴリー

Translate:

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)