ニュース 講師の日記

洸太先生による「人の話を聞く」ということ~イントロダクションと実践~

投稿日:

こんにちは。はじめまして。
今回の「先生のお話し」を担当致しました。講師の鬼束です。

14642082_1063406847109691_2576115071491383318_n

「お話し」といっても、そんなに大層なものではありません。
ごくごく当たり前のこと。
でも、当たり前のことって意識しないとすぐ忘れてしまうから、なかなか難しいですよね。

今回の内容は、「人の話を聞く」ということです。
実は、次回からのステップアップ塾で、生徒たちに、
話し合いの中でアイデアを出す、意見交換をする、ということを実践してもらおうと考えていまして、
その導入として、今回実施しました。
自分の意見を言うことももちろん大切ですが、
人の話をしっかりと聞けるようになってほしいという思いがあったからです。

話を聞くときに気を付けたいことって、考えてみるとたくさんありますよね。
生徒たちに聞いてみたら、「話し手の目を見る」「相槌を打つ」といった答えが返ってきました。
さすがだな、と思いました。
他にも、例えば適切な表情や反応など、思いつくものは色々とあるかと思います。
これらを踏まえて、生徒のみんなにロールプレイングを行ってもらいました。
ペアになって話し手と聞き手に分かれてもらい、
まず一回目は無表情でそっぽを向いて話を聞く。
次の二回目は、上記のようなことを意識して話を聞く、といった流れです。
感想を求めると、一回目に比べて二回目のほうが「話しやすい」「全体的にがやがやしてた」といった声が返ってきました。
見ていた側としても全く同感で、実際、二回目はなかなかみんなの話が途切れず、
進行役の僕自身も少し困ってしまうほどでした。笑

今回はすでに知り合っている中でのロールプレイングで、
みんなも何となくこちら側の意図を汲み取ってくれていた上での実施だったので、
やや極端になってしまった感は否めないのですが、
話を聞くスキルの重要性の片鱗には触れられたんじゃないかな、と思っています。
話す人が気持ちよく話せるよう、聞くときには礼儀を重んじることはとっても大切なことなんだと思います。
また、そうすることで聞き手の印象もよくなりますよね。
そのことを少しでも実感してくれていたら幸いです。

さて、次回からはいよいよ話し合いを始めてもらいます。
話し合いといっても、12月に控えますクリスマス会で何をやるか、といった単純なものです。
小学生も中学生も一緒になって行います。
今回の「お話し」を思い出しながら取り組んでくれたら嬉しいです。
あわよくば、上級生がピシッとリーダーシップを発揮する場面なんかも見てみたいなあ、なんて思います。

鬼束洸太でした。

-ニュース, 講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2021年度ボランティア講師説明会を開催します

2021年度講師ボランティア募集チラシ PDF ステップアップ塾は2021年度のボランティア講師を募集しています。この度、説明会を開催いたしますので、ご興味のある方はお申込み下さい。 <説明会について …

水耕栽培トマトの成長

土地の提供者であり、かつ現地の管理者でもある北島先生から、SUJ町田水耕栽培ラボの水耕栽培トマトが育ち始めているよと木曜に聞いた私たち。 タイミングがなかなか合いそうになかったので善は急げと判断、木曜 …

no image

新しい環境に合わせて

こんにちは!6月になっても5月病の講師の西山です。 オンライン授業が始まって2か月が経ちました。先生も生徒も少しずつオンラインという環境に慣れ始め、コミュニケーションもスムーズになってきました。 だん …

学生講師の根岸加奈です!

はじめまして。 早稲田大学商学部2年の根岸加奈と申します。 恒例の先生のお話の時間。 7月17日が当番だった私は、「挨拶」の話をしました。 挨拶ができるようになると、どんないいことがある?との質問に、 …

学生講師の吉田大輝です!

こんにちは! ステップアップ塾代表講師の吉田大輝と申します。   今週はいつにも増して集中が張りつめた雰囲気で、 始まった当初と比べて子供たちの集中力にものすごい成長を感じております。 (と …

記事カテゴリー

Translate:

◆メディア紹介

▼BS朝日「読むバトンタッチ」

▼日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼SUJ公式
「私が勉強する意味」

▼SUJ公式
「オンライン授業下の工夫」

▼SUJ公式
「子どもの時、言えなかったこと」


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼税控除サイトで活動指定寄付

▼携帯電話支払いから寄付

▼塾が必要とする物資で支援
※「Amazonみんなで応援プログラム」掲載中




▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼入塾資料請求フォーム 2024年度

▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)