スタッフ日誌 温かいサポーター達 講師の日記

2022 7月9日授業レポート

投稿日:2022年7月23日 更新日:

文:岡野 遼

【はじめに】

そろそろ夏休みですねー
久しぶりに自由な夏休みを過ごせそうなご時世ですが、コロナ感染者数は増加してきているので皆さん気を付けていきましょう!

【授業レポート】

・ワークショップ
 今日のワークショップは「間違い探し」!4つの問題からそれぞれ5つ間違いをみつけよう!という問題でしたが…

いやもうみんな見つけるのがはやいもんで、画面切り替わった瞬間から解答件の奪い合いが勃発していました…!

みんな負けず嫌いだなぁ!🤣

・授業

「見えるけど見えないもの」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
感情、たこ焼きの中身、空気などいろいろな答えがあると思います
今回の授業で一つの答えを見つけました。それは「省略された1」です。

・ x+2x=
・6y-y=

これは今回担当した生徒が過去に解いた問題と、今回苦戦した問題です
上の問題は簡単に解いていたのですが、下の問題は理解ができていない状態でした。聞いてみると係数の1を認識できなかったようです。ですが、上の問題では1は認識できているんですよねぇ

なぜでしょう

一つは慣れだと思います。
算数から数学に移行して一番最初に立ちはだかるのはxやyなどが新たに出現する「文字式」ではないでしょう。文字は今まで扱ってきた数字とは扱い方が異なっていて、また(a, b, c, …) 、(x, y, z)、(p, q, r, …)なんていろいろなセットが同時多発的に出現してくるわけです…(軽いパラダイムシフト⁉)

単純に見た目が違うからというのもあるかもしれません
普通に認識できていたものが少し変化して違和感を感じたり、別物であると感じるのは結構よくある話ではないでしょうか。髪型が変わったら別人に見えるみたいなことです

「省略された1」はまあそのうち問題ではなくなるでしょう。しかしこんな感じでこれまでできていたのにいきなり解けなくなったみたいな事態に遭遇する可能性は十分にあります
そんなときは生徒が間違えたのは十分に理解できていないからと決めつけることなく、いろいろな角度から見ていく必要がありそうですね

-スタッフ日誌, 温かいサポーター達, 講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あらためて、自己紹介

みなさんこんにちは! 講師代表の吉田大輝です。 まだ冬も終わっていないのにすでに花粉がとんでいる様ですね…。 花粉症の僕にとって春は本当につらい季節です。 なにか花粉症対策でいい方法がありましたら教え …

シャキシャキレタス!

先日のステップアップ塾では、新鮮レタスが届きました✨贈って下さった小清水さん、ありがとうございます😊 調理ボランティアスタッフの京子先生、康太先生の魔法☝️で素敵な晩ご飯になりました🍴 グリーン🥗があ …

みゆき先生による『先生のお話』

こんにちは! 学生講師、早稲田大学3年の重松美有紀です。 ステップアップ塾と出逢ってから約1年半が経ちました。毎週子どもたちに会えるのがいつも楽しみです。 先日、7月7日には今年度最初の先生のお話をし …

ほめトーク

以前も書いたかもしれませんが、ステップアップ塾では、帰りの会で「ほめトーク」という時間を設けています。その日、塾で友達や先生がしていたことでよかったことをみんなの前でほめたり感謝したりする時間です。 …

学級崩壊のこと

今日は、学級崩壊のことを少し書きます。なぜなら学級崩壊も、教育格差につながる一つの要因だからです。ステップアップ塾に来ている子どもたちの中で、「学級崩壊を経験したことがある」と答えたのは、全体で約25 …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2021年SUJ公式「私が勉強する意味」
-学生ボランティア講師からのメッセージ-

▼2021年SUJ公式
「オンライン授業下の工夫」

▼2018年放送
日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼税控除サイトで活動指定寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼入塾資料請求フォーム

▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)