塾長便り

【東京ワセダロータリークラブ様より、定期的なお肉の支援が決まりました!】

投稿日:2016年10月15日 更新日:

529e7949817ad09a8db3be0d565c9935

今年度の6月より、らでぃっしゅぼーや様を通じてセカンドハーベストジャパン様をつないでいただいた関係でだいぶ食環境が良くなっていた当塾ではありますが、やはり課題の一つには依然タンパク源の安定的な確保がありました。

食べ盛りの子どもたちにとって体と脳に充分な栄養が行き渡らねば、学力も体力も上がるはずありません。それは言うなれば、気力だけで戦争に勝ってこいと言っているようなものです。

おかげさまで今年度はJT様から助成金をいただけているため食費を含め、多少運営費の補助にはなっておりますが、設立当初に無理をしながら運営を続けた分、例え1クラスと言えども決して楽な事業ではありません。

単年度事業ではないステップアップ塾の活動は、できるだけ早期に持続可能なシステムを組み上げられるかが勝負の分かれ目です。大げさに聞こえるかもしれませんが、私はそれくらいの気持ちでいろいろな方に運営の窮状を訴えておりました。

【少しずつ、集まりだした支援の心】
先日書いた(株)八洋様による寄付のきっかけですが、新宿区の職員の中でも特に私たちを推してくださったK様から全てが始まり、退職なされた子ども家庭課のM課長をはじめとしたさまざまな方たちからのご推薦により、東京ワセダロータリークラブのO元会長につながっていった経緯があります。

3月に実施された卓話にご招待を受け、「教育格差」の現実を心を込めてプレゼンさせていただいたところ先の後藤社長を始め井上様など、さまざまな出会いをいただきました。

そして調整すること、約半年。ロータリー様の中でもさまざまな調整をしていただき、今回の定期的な肉協賛につながったのです。

wysiwyg_gmd_f140d7005f39608e4b99

【子供は正直!残飯がほぼゼロへ!】

協賛初日となった10月6日。

おそらく国産牛であろう予想以上に上質な美味しいバラ肉が雑司が谷の大久保肉店様より届いたことに加え、当日は松茸ご飯をセカンドハーベストジャパンよりいただいていました。

img_2737
※大久保さんとご挨拶

いつも1時間をかけて調理ボランティアに来てくれる安原先生も、
img_2773-1
この日、給食当番だった愛先生も心なしか、ニッコニコ。
img_2780

そして待ちに待った、いただきますの時間!

「松茸ご飯、食べたの初めて!美味しい!!何?この香り!(◎_◎;)」

「この牛肉、マジ美味い!すげー!Σ(・□・;)」

「宿題やってこなかったから、お替り出来ないよ!マジ、悔しい。次回絶対やってくる!(;_;)」

年に一回の松茸ご飯や国産牛の提供を、贅沢と取られる方がもしかしたらいるかもしれません。

しかし現場から言わせていただければ、大多数の子どもたちにとって「お金を稼ぐ意味」はわかっていないのが現状です。
つまり、勉強が自分たちにとってどんな未来に繋がるのかがわからないまま、勉強しろと言われている子どもがほとんどなのです。

img_2781

私たちが目指すもの。
それは子どもたちが国にとって、本当の宝となりうることです。
引き続き、皆さまとともに子どもたちを育てていきたいと思いますので宜しくお願いします。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

 

 

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「負けるな!逆境こそ、アイディアの栄養素だ!」ステップアップ塾通信vol.06 VOICEより転載

受験シーズン到来とともに、2016年度のステップアップ塾も今月いっぱいで終わる。残り4回の授業と11日に行われるお茶会の中で得られる仲間たちや学生講師との時間の共有は、まさしく一期一会。学力向上はもち …

50年後の日本を少しでも明るい社会にするために、私たちができること

前々回11/1のニュース・スタッフブログの中で紹介した塾資料の中では、各専門機関が発表した50年後の試算を掲載するとともに、私たちがステップアップ塾を継続し事業を拡大しようとする大義について書かせてい …

胸キュン!GOMI拾いin English@新宿御苑

環境省の後援がつき、初の新宿御苑での開催となる胸キュン!GOMI拾い。 本イベントは一般参加者も対象としたチーム対抗ゴミ拾いゲームに違いはありませんが、塾にとっては塾生と講師の貴重なコミュニケーション …

特殊(支援)学級を勧められた子どもの実例

「今、学校の担任から特殊(支援)学級に通うよう、勧められてるんです・・・。」 先週の土曜、とある保護者から相談を受けた。 確かに今年から通塾している彼女の娘は小6だが、かけ算や割り算が出来ない上にコミ …

男女が仲良く勉強することの意味

当塾に通う生徒たちは小学2年生から中学2年生まで、約半々の男女比の子どもたちで構成されています。 入塾時からまったく人見知りをしない子どももいれば生活環境を心配してしまうほどの人見知りオーラを放つ子ど …

記事カテゴリー

Translate:

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)