当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

塾長便り

段階的なPCのレベルアップで見えて来た、新たな可能性

投稿日:2018年8月3日 更新日:

50人ほどの生徒の学習ログの管理や、講師スタッフだけでも年間60人(2017年度講師スタッフ登録数:84人)を超える出欠管理を目視で行って来た当塾にとって、去年IT企業のSCSK(株)様からプロボノとしての技術サポートと中古PCの寄贈を10台ほどいただけたことは、大きな進歩でした。

と、同時に着々と現実化が進むトレーラーハウス自習室の遠隔地指導の中で、いただいたPCの使用を前提に話を進めながらも、OSがWIN7のままだと今後、さまざまな不都合も生じるだろうなぁと感じていました。(※)

不都合とは、例えばデジタル教材の導入が決まったとしたら、メーカーのソフトウェアが古いOSまでフォローしているとは限りません。

手狭なトレーラーハウス自習室の中に設置するPCは、バーコードリーダーを読み込むだけの機材になってしまっては、まずいのです。

※Win10への無償アップデート期間を過ぎているPCは、過去にアップデート履歴を持たないPCは対象にならないのです。

☑ Win10へのアップグレードとメモリ協賛の実現


そんな思いを抱きながらも5月、有名なPC工房を運営するNPO法人自立支援センターむくの木村代表との出会いからOSをWin10にアップグレードしていただいたことは以前記事にしましたが、その際15台のPCそれぞれに積まれていた2Gのメモリを「ニコイチ」で組み合わせ、4GのPCを7台作っていました。

そうなると当然、メモリを持たないPCが7台と2GのPCが1台残ることになりますので、全PCを復活させるためにも有志からメモリを集め、協賛してくださる企業を探していたのです。

そんな過程においてついに7月26日、いつも晩ご飯のお肉協賛でお世話になっている東京ワセダロータリークラブ様から、大変ありがたいことに管理・制作用のMacbookProと4Gメモリをご協賛いただけることになりました。

☑ デジタル教材を完備したトレーラーハウス自習室を見据えて


活動を存続させるためにも受益対象者を新宿から外に広げていくためにも、外部広報アピールは不可欠です。

そして当然、子ども達が触れる教育の機会をより良いものにしていくためにも、IT機器の導入は不可欠です。

家庭的な事情だけではなく、学校教育の現場でさまざまな問題を抱えている今日、学校教育がプログラミングやデジタル教材を導入すればするほど、学校が機能していない地域では新たな教育格差が広がることは、容易に予見ができます。

本質的な問題解決を求めるためにも当塾は支援を求め続けて来たわけですが、支援をしていただく以上、デジタル機器や協力者とともに今後も公平な教育機会が作られるよう、努力を続けていきたいと思っています。

薄々感づいてはいましたが、社会課題の予防こそ、当団体に課せられた使命なのかもしれません。

できること、まだまだあると思っておりますので、関係各位のみなさま引き続きご協力のほどよろしくお願いします。

新規賛助会員も寄付者も、まだまだ募集しています。^ ^

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ブランディア様からの商品引き取り第一弾】フリマde教育支援 with ブランディア

先日のブログ記事にて紹介しましたが、12月5日(土),12日(土),19日(土)の11時から17時まで、CMでおなじみのブランディア様よりご提供を受けた商品のフリーマーケットをシモキタテラスの駐車場で …

夏期合宿「Study Boot Camp2015」を終えて

今年度のひとつの挑戦が、ようやく終わりました。当塾の夏期合宿「Study Boot Camp2015」です。 去年通っていた生徒へのアンケートの中で出てきた「みんなとお泊まりしたい」と言う子どもたちの …

「食事とやる気(学力)の相関関係について」ステップアップ塾通信vol.02 VOICEより転載

「腹が減っては、戦は出来ぬ。」– このことわざは、食事はもちろん日々の体調を整えることの大切さを物語っている。 わかりやすい例を現在放送されている大河ドラマ「真田丸」にちなんで挙げれば、関 …

【下北沢教室 生徒追い込み追加募集&給食ボランティア募集!】

寄付金の集まりが想定よりも少なく、積極的な塾生募集のできなかった下北沢クラス。 最近になってお弁当を運ぶことが資金的にもマンパワー的にも難しくなってしまったため、事業の継続性を高めるためにもせめて下北 …

高校生講師として戻ってきてくれた、卒業生

2014年の開塾時、中学1年生だった女子生徒K.Kさん。 入塾以来、まじめな彼女は当塾の指導をよく理解し、1年目にして学校の成績はオール5を取るようになりました。 そして今年は、第一志望の都立高校(偏 …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)