塾長便り

あまり暖くはないけど、どこよりも温かい場所

投稿日:2019年1月10日 更新日:

11月19日のプレオープン以来、せっかくの無垢材を用いた床や壁に傷がついてしまうことに心を傷めていた私は、建設界の重鎮でありステップアップ塾の相談役でもある太田さんに文字通り相談をさせていただいたところ、㈱コスモコーティングの扱う商品が良いだろうと、同社の石田社長をご紹介いただきました。

するとさすがのご紹介。活動に賛同してくださった石田社長は、恒和建装㈱の恒次社長との連名で、商品提供を進めてくださったのです。

有機溶剤を使っていないにも関わらず、竜飛岬など潮風にさらされるような過酷な環境で16年以上、建築木材の保護に使われていると言う保護剤「くさらん」

確かに匂いも少なく子供達にとっても最適な保護剤だと確信した私は、年末年始の休日を利用してたくみ先生と二人で塗布作業をしました。


✅ 温もりの連鎖!?社会貢献活動の醍醐味

そして9日、いよいよ2019年のSTUDY CAMPがリスタートしました。

ポストに溜まっていた宅配伝票の再配達依頼をしながら16時のオープンに向けて準備作業をしていると、なんとAmazonほしい物リストを見てくださったジャパン建材㈱の小川社長からブランケットが、そして匿名の方から手元照明用のバッテリーが、加えて片付けボランティアとしてお手伝いをいただいている豊田さんとそのお友達である増本さんから寄贈iPadが届きました。

社会貢献活動は、本気で向き合うと嫌なことや大変なことがたくさんあるのは事実ですが、人様の優しさや温かさに触れる機会が多いことも、活動の醍醐味です。

だから会計計上できないような持ち出しだらけの活動なのに、10年以上も続くんでしょう。人にはバカ扱いされることも、少なくないんですけどね。お金より大切なものがあるって、私は信じてるだけなんですよ。

さて、話を戻します。

小さな石油ストーブだけで暖をとるトレーラーハウス内は、お家にいるよりは暖かくないかもしれません。

でも、勉強をしたくてもする場所のない子供達にとっては、温かい気持ちになれる環境が整ってきました。

暖かいブランケットにくるまりながら自習室と子供を見守っていると、つくづく今の世の中に足りないものは、人様の優しさや温もりに触れられる場所なんだろう、と思います。

最後に、今年も頑張ります。

残り4社の協賛、そろそろ決めなきゃなぁ。^ ^

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2015年もお世話になりました】

2015年が終わろうとしています。 今年はいろいろ、ありました。 下北沢校の開塾に伴う不安定な運営費を稼ぐための「焼肉de教育支援」や「フリマde教育支援」、生徒から希望されていた夏合宿の実現、富士ゼ …

男女が仲良く勉強することの意味

当塾に通う生徒たちは小学2年生から中学2年生まで、約半々の男女比の子どもたちで構成されています。 入塾時からまったく人見知りをしない子どももいれば生活環境を心配してしまうほどの人見知りオーラを放つ子ど …

【東京ワセダロータリークラブ様より、定期的なお肉の支援が決まりました!】

今年度の6月より、らでぃっしゅぼーや様を通じてセカンドハーベストジャパン様をつないでいただいた関係でだいぶ食環境が良くなっていた当塾ではありますが、やはり課題の一つには依然タンパク源の安定的な確保があ …

自ら学ぶココロを育てるために

「勉強をしなさい!」 「挨拶をしなさい!」 「宿題をやりなさい!」 ほとんどの人に経験があることではあると思いますが、子どもはとかく命令されることが嫌い。 たとえそれが「自分のため」を思って言われてい …

子どもたちの表情を明るくする、課外授業

毎回塾に参加するたび、子どもたちの表情が柔らかくなっていくのを見るのが、一サポーターとしてとても嬉しく感じている、塾長の濱松です。皆さまいかがお過ごしでしょうか? さて先日の5月10日(土)、風がとて …

記事カテゴリー

Translate:

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)