当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

クリスマスキャンペーン スタッフ日誌

発達障がいについて

投稿日:2019年12月21日 更新日:

**************
クリスマス洋書プレゼントキャンペーン2019~英語で広がる子どもたちの未来~
キャンペーン終了まであと4日!

キャンペーンページはこちらです。
みなさんのご寄付が、子ども達へのプレゼントになります。
→Syncable キャンペーンサイト
https://syncable.biz/campaign/758

**************

ステップアップ塾は、教育格差というものを何とかしようと考えて始まった、という説明をたびたびしてきました。これからもそういう表現を使うのだろうと思います。
一方で子どもたちと付き合えば付き合うほど、それぞれの子どもが向き合っている問題やその背景は様々で、一概に教育格差=家庭の所得が低い子どもの問題、という説明では片付けることはできないと感じています。
お金があれば解決できる問題もいくつかはあるでしょう。でも、お金があっても解決できない問題もいくつもあります。

そうした問題の一つに、発達障がいの問題があります。

発達障がいは、「ふつう」の○歳ならわかるでしょ?できるでしょ?ってことが本人にとっては難しい、という特徴があり、それを、脳の機能障がい、という言い方で専門家が説明したります。症状は様々ですし、得意なことも苦手なことも様々です。勉強がすごく苦手な子もいますし、すごく得意な子もいます。苦手な子は、文章の意味を理解できなかったり、文字そのものを追って読むことが難しかったり、文字を書くのが難しかったり、などの場合があります。得意な子は、自分の興味のある分野の知識や記憶力がものすごかったり、小学生でも半年間で中学3年分の数学を嬉々として学び網羅したりという例もあります。

それで、なぜこれが教育格差の問題につながるかと言うと、親が発達障がいであることを認めずに、単にやる気がない子・怠けている子・努力が足りない子、とみなされてしまうと、適切な学習環境を与えてもらうことができず、自己肯定感・自己効力感を持てなくなり、受験などの人生の局面に立ったときに自暴自棄になったりする場合があるためです。
適切な学習環境が得られない、ということは、決して甘やかすような話ではありません。例えば障がいのない人がうるさいと感じない場所で勉強していたとしても、聴覚過敏という特徴がある子どもにとってはパチンコ屋さんの中に勉強机を置かれているのと同じ状況に感じられているかもしれません。読字障がいがあって文字を読むのが苦手な子にとっては、文字が規則性がわからない絵の羅列のように見えているのに「なんでわからないの!」と叱られたりする、そんな状況かもしれません。勉強が得意だけどいわゆる空気が読めない子だとしたら、学校の授業ではもの足りなくて面白くない、その結果態度が悪い・真面目に聞いていないと叱られ、勉強の内容は理解していても評定が低かったりすることもあります。
毎日生きづらい場面だらけです。
そんなとき、親が発達障がいであることに気付き、認めてあげなければ、子どもは「(いろいろできないのは)自分がダメな子だから」という刷り込みがなされてしまい、勉強することや将来に希望を見出すことをあきらめてしまう、そういう状態に陥りがちです。これは、例えば「うちはお金がないから」勉強することや将来に希望を見出すことをあきらめてしまう状態と何が違うのでしょうか。

「うちは/私は○○だから」と自分にフタをしてしまうこと、他の人と同じスタートラインに立てないと思い込んで勝手にあきらめてしまうこと、そういうことと一つずつ向き合って「そんなことないんだよ」と言ってやりたい、闘うための方法を伝えたい、そのためにステップアップ塾はあります。


-クリスマスキャンペーン, スタッフ日誌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマス洋書プレゼントキャンペーンのご報告

「クリスマス洋書プレゼントキャンペーン2019 」は、Syncableを通じた寄付と団体口座への直接のお振込みを併せて、19冊分(57,000円)になりました🎅ご協力して下さった皆様、ありがとうござい …

夏期講習を終えて

今年度初めての試みとなる夏期講習も終了しました。 特に前半戦の4回は、酷暑の中、みんな本当によく頑張りました。先生たちも本当にありがとうございました。 普段の授業とはちょっと違った取り組みができたり、 …

ほめトーク

以前も書いたかもしれませんが、ステップアップ塾では、帰りの会で「ほめトーク」という時間を設けています。その日、塾で友達や先生がしていたことでよかったことをみんなの前でほめたり感謝したりする時間です。 …

ちょっとだけ年上のお兄さんお姉さん

今年に入って、特にこの秋ごろから、高校生の先生が増えています❗️塾生にとっては、先生だけど、ちょっとだけ年上のお兄さんお姉さんみたいな感じでしょうか😊 この写真の中で向き合って勉強している二人は、二年 …

塾を必要として下さる方

今年も次年度募集の情報を公開しました。 この時期に必ず掛かってくるのが、公衆電話からの連絡です。塾を必要としている方が、携帯電話などを必ず持っているとも限らず、こうした連絡をいただくことがあります。 …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)