講師の日記

ステップアップシートの意味 〜吉田大輝先生より〜

投稿日:

こんにちは!ステップアップ塾代表講師の吉田大輝です!

20140731_SUS_01

今週は涼しかったこともあってか、
暑かったころに比べ、子供たちは静かに勉強に励んでいました。
最近は比較的自分勝手だった生徒が、
給食の時間に自分の2回目のおかわりの前に1回もおかわりしていない生徒がいないか、
確認している様子が見られてすこし嬉しくなりました。笑

さて、今週は「ステップシートってなんで書くの?」というお話をしました。

ステップアップシートってなんだ?とお思いになる方も多いと思います。
ステップシートというものはこのステップアップ塾で使用している、
PDCAサイクルを取り入れた勉強を管理していくものです。
開塾から生徒に書かせているのですが、
生徒がなんで書いているかをあまり理解せずに書いている様子だったので、
ここで改めてステップアップシートをどう書くか、なんで書かせているのかを生徒に伝えました。

PDCA[計画を立て(P)それを実行し(D)結果を確認、評価し(C)よりよくするための改善点を考える(A)]
のサイクルを勉強において当てはめることで学力UPをはかるのはもちろん、
これを習慣化することで日常生活の様々なところで応用できます。
小中学生のころからこれを意識して生活している子供はそうそういないでしょう!笑

一見単純なものですが、
PDCAサイクルを活用する上でとても重要なのが「目標・目的」が必要だということ。
計画を立てるにはなにか目標・目的がないと立てることが難しい。
できたとしてもそれはモチベーションが続かず長くは続きません。

そこで僕は子供たちに自分たちの「夢」を目標にしてステップアップシートを書いてごらんと提案してみました。

子供たちはそれぞれとても素敵な夢を持っています。
将来の夢はある?と聞くとキラキラした目で答えてくれます。

僕は勉強ができないことが理由で夢をあきらめてほしくないと思っています。
予備校で働いていた時期、
生徒が自分のやりたいことができる志望校の試験に落ち、泣いている姿を見てきました。
もちろんその学校に行けなかったからといって夢を追えなくなるわけではないだろうし、
ひょっとしたらそこで新しい夢が見つかるかもしれません。
しかし、小さい頃から目指していた夢を学びたいところで学べるというのはすごく幸せなことだと思うし、
夢に近づける最短の道の1つだと思います。

ステップアップシートを使って計画、実行、確認、改善を繰り返し、
少しずつ自分の夢に向かって近づいてくれればいいなと僕は思っています。

皆様、今後も生徒の成長をお楽しみに!

-講師の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【留学体験記】 世界の英語教育事情

こんにちは!ステップアップ塾学生講師のひなです。この度、伊勢先生から許可を頂きまして留学レポートを書いてみました。 ただ、これはあくまでもステップアップ塾の記事!そこで今回はアイルランドで実際に感じた …

Youth Express Japanにて紹介されました!

Youth Express Japan(ユースエクスプレス・ジャパン)さんにて、ステップアップ塾の活動が紹介されました。 より多くの子ども達に快適な学習環境を  Youth Express Japan …

7月10日 授業レポート

สวัสดีค่ะ サワディーカー お久しぶりです🍀「大学生活無理!慣れない!!」と毎日発狂して、先輩に笑われまくりな、学生講師のももかです🐶(笑)前回のひな先生のレポートに、完全に影響されまして、無 …

「インターネットを使って○○する」 – 廣瀬大

4月からボランティア講師で参加させていただいております、サイバー大学4年の廣瀬 大(ひろせ おおき)と申します。  ※写真は夏合宿の際の様子 今回は、初めて「先生のお話」をしましたので、その原稿と感想 …

講師同士の学び合い

こんにちは! 2020年もあっという間に時間が過ぎ、折り返し地点となってしまったことに焦りを感じています、片山です。 皆さまいかがお過ごしでしょうか? 今回の記事では、他の学生講師との関わりの中で気付 …

記事カテゴリー

Translate:

◆メディア紹介

▼BS朝日「読むバトンタッチ」

▼日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼SUJ公式
「私が勉強する意味」

▼SUJ公式
「オンライン授業下の工夫」

▼SUJ公式
「子どもの時、言えなかったこと」


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼税控除サイトで活動指定寄付

▼携帯電話支払いから寄付

▼塾が必要とする物資で支援
※「Amazonみんなで応援プログラム」掲載中




▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼入塾資料請求フォーム 2024年度

▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)