塾長便り

反面教師としての活動 〜DVを識る〜

投稿日:2014年9月5日 更新日:

ステップアップ塾にも多大なご協力をいただいている(株)ソーケンさんで気になるイベントがあったため、昨日は敢えて塾をお休みさせていただき、参加して来ました。

イベントのテーマはDV。つまり家庭内暴力のこと。

同じ新宿内に事務所を構える業界でも有名な日本駆け込み寺さんや、同じく女性の逃げ場を用意しているお悩みWOMANプロジェクトさんなどをコメンテーターとして迎え、子どもたちの未来や母親たちを取り巻く環境を学び、寄付につなげることを目的とした活動でした。

ステップアップ塾についての中でも軽く触れていますが私はDV、家庭不和の環境で育っています。
今まで私は特に母が傷ついて欲しくないため、敢えてDVと言う表現は使わないようにしてきましたが、父が家族にして来たことは疑いようのないドメスティックバイオレンスと呼ばれるものでした。

詳しく知れて良かったことではありますが、なんと6つの暴力カテゴリのうち身体的・性的を除く4つが当てはまっていることに改めて驚きながらも、途中で吐き気を感じたことに二重の驚きを感じました。

ステップアップ塾は子どもの貧困や教育格差がテーマの活動であるため、さまざまな理由から経済的な線引きは必要ですが、子どもたち自身はさまざまな理由で学習環境になじめずSOSの声をあげています。

むしろ私たち大人が気を使うべきは、その子どもたちに愛情ある教育環境を提供出来るかどうか。

実際、うちの塾にも特に気にかけなければならない子どもたちがいます。

だからこそステップアップ塾は、間違ってない。
改めて、子どもたちに寄り添える塾を続けて行かねばと感じました。

DV1
画像参照 飯冨町ホームページより

まだ見ていない方は、2分動画を是非ご覧ください。当塾はまだまだ皆様からのご支援が必要です。


これからもよろしくお願いします。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「書き初めはもちろん、すべてを面倒くさいと感じた日々」ステップアップ塾通信vol.05 VOICEより転載

新年あけましておめでとうございます。早いもので、一月になりました。私たちは皆さん に一年をかけてステップアップシートへの記入を促し、「目標と計画の大切さ」を伝えてきたので、新年になったからと言って皆さ …

この塾が好きなひと、手を挙げて!

2015年度の授業も本日を除けば、残り4回。 4月以後の2016年度募集を前に、早稲田Bクラスで質問をしてみました。 「この塾に通って成績が伸びたひと、もしくは勉強が嫌いじゃなくなったひと、手を挙げて …

コロナウィルスへの対応と、リモート学習への試行錯誤

当塾には、さまざまな家庭の事情で教育格差の渦中にある子どもたちが通っています。多くのメディアが報道するように、その理由の一つは保護者の所得が原因の場合も多いのですが、そう言うご家庭の子ども達には子ども …

リモート講師説明会とステップアップ塾の概要動画

コロナウィルス によってさまざまな予定が狂わされておりますが、16日からリモートの学習指導ができるよう、CISCO社のサポートをいただきながら体制を急ピッチで調整しています。 正直リモートに関する技術 …

ご支援の使いみち、いろいろ

私たちの活動の多くは無償が基本のボランティアとはいえ、40人を超える子ども達ひとりひとりに合う教材や物品、資材を用意する手間や経費は年間にするとかなりの時間とお金がかかっています。 私たちの想いに賛同 …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2021年SUJ公式「私が勉強する意味」
-学生ボランティア講師からのメッセージ-

▼2021年SUJ公式
「オンライン授業下の工夫」

▼2018年放送
日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼税控除サイトで活動指定寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼入塾資料請求フォーム

▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)