当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

塾長便り

【2015年もお世話になりました】

投稿日:

20151224
2015年が終わろうとしています。

今年はいろいろ、ありました。

下北沢校の開塾に伴う不安定な運営費を稼ぐための「焼肉de教育支援」や「フリマde教育支援」、生徒から希望されていた夏合宿の実現、富士ゼロックス首都圏(株)や(株)教育社という一流企業との教材作成と管理作業、そして生徒家族にご不幸があったりと、それこそテレビや本では書ききれないような経験をたくさんさせていただきました。
大変ではありましたが、おかげさまで綺麗事だけでなく、教育格差の本質に触れた気がしています。

また私事ではありますが、12月25日に長男が生まれたため本事業の統括部長として教材の管理や現場の管理を一手に引き受けていた妻・和香子の穴をどうやって埋めるかが課題となり、学生講師や社会人スタッフの有志が力をあわせて、現在試行錯誤を繰り返しています。

同時に財務状況について書けば早稲田校の給食費すらろくに払えないような運営状況ではありますが、早稲田の食事を提供してくれているフェニックスカフェのご好意と、お米や野菜の食材提供をしてくれる有志の方々、そして調理してくれる学生メンバーやサポートスタッフのおかげで、なんとか下北沢校も継続の可能性が出てきています。
※ 現在定期的なお肉やお魚等、主菜のご提供を募集中

と、書いていたところ、以前欲しいものリストで募集をかけさせていただいた下北沢用のIH調理器具が名古屋のAさんから届きました。

12468109_1231180683565698_191169583_n

行政からの補助金に頼っていないぶんいろいろ大変なことは多いですが、みなさまのおかげで本当に大切な“ココロ”がクリアになってきているような気がします。

最後になりますが、来年も引き続きステップアップ塾をよろしくお願いします。

そしてみなさま、よいお年をお迎えください。

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「教育格差の現実とステップアップ塾の事例紹介」を終えて

ステップアップ塾も、今年でいよいよ5期目を迎えました。 たかだか5年の実績とは言え、年間40人以上の子ども達や保護者達と定期的に向き合う中で、教育機会が不均衡(教育格差)となる彼らの複雑な背景に目を向 …

自ら学ぶココロを育てるために

「勉強をしなさい!」 「挨拶をしなさい!」 「宿題をやりなさい!」 ほとんどの人に経験があることではあると思いますが、子どもはとかく命令されることが嫌い。 たとえそれが「自分のため」を思って言われてい …

高校生講師として戻ってきてくれた、卒業生

2014年の開塾時、中学1年生だった女子生徒K.Kさん。 入塾以来、まじめな彼女は当塾の指導をよく理解し、1年目にして学校の成績はオール5を取るようになりました。 そして今年は、第一志望の都立高校(偏 …

2018年を終えて

12月27日、2018年におけるステップアップ塾とトレーラーハウス自習室STUDY CAMPの活動が終了しました。今年度は講師ボランティアに加えて調理および片付けボランティアさんが定期的に参加してくだ …

オリジナル募金箱の活用法

ありがたいことに繁盛している居酒屋さんなどから、当塾の募金箱を置いてくださるとの申し出をいただくことが増えています。 ただ実は募金箱、鍵がついていたり作りがしっかりしているものは1個あたり2,000円 …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)