塾長便り

残念な言葉と、励ましのアクション

投稿日:


ステップアップ塾はもちろん、トレーラーハウス自習室「STUDY CAMP」には黎明期に特有のさまざまな課題がたくさんあります。

資金、電気、物資、管理者、運搬、運営スキームなどなど数え上げればキリがありません。

しかしステップアップ塾を始めて3年ほど続いた苦しいまでの心細さと違い、運営団体として12期、塾の活動は6期目を迎えようとしている現在は、我々の活動を見守ってくれる方々によるたくさんの愛を感じることができています。

随時変わるステップアップ塾の欲しい物リストSTUDY CAMPの欲しい物リストを見てくれた誰かが、できる範囲で支援をしてくださる。

みなさまからの支援物資やご寄付をいただくたび、私達はいつもみなさまに励まされています。

✅ 「あの人(企業)の方がお金持ってるよ」と言う、残念な言葉


しかし反面、とても残念な反応をいただく場合も多々あります。例えばそれは、「あの人(企業)の方がお金持ってるよ。あの人に言ってみなよ。」と言う言葉です。

当塾を支援してくださる人の中には、一人で多額のご寄付をくださる方もいれば、ただただ頑張れと言う励ましの言葉をくれる方までさまざまです。

正直、それら二つの事例が同じ市場価値を持っているとまでは言いませんが、当団体への賛同をなにかしらの形にしてくださったことに違いはありません。

その人がその時、できる範囲で当団体への応援をしてくださった証であることに違いはないので、大げさではなく心から感謝をすることが出来ています。

しかし、「(僕よりお金を持っているであろう)あの人(企業)に言ってみなよ。」と言う言葉には当団体への賛同はおろか、その人が言う「あの人(企業)」への愛もリスペクトも感じることができないため、あまりネガティブな感情を抱かない私ではありますがここ数ヶ月、特に残念な言葉だなと心にトゲが刺さっていました。

✅ 心が洗われた、バスケ友達から届いた支援

だから尚更、嬉しかったのでしょう。

元はバスケ仲間に過ぎなかった、けれど身近な場所で団体、そして私を10年近く支え続けてくれている友達の奥様名義で、遠隔指導に欠かせないいわゆるインカム、マイク付きのヘッドホンが10個届いたのです。

夫婦共に外資系IT企業にお勤めなので、実験するべき期間に機材が揃っていない現状をご理解いただけたのでしょう。

このプレゼント、どれだけ励まされたことか。

めぐちゃん、そして大野さん本当にありがとうございます!^_^

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2015年もお世話になりました】

2015年が終わろうとしています。 今年はいろいろ、ありました。 下北沢校の開塾に伴う不安定な運営費を稼ぐための「焼肉de教育支援」や「フリマde教育支援」、生徒から希望されていた夏合宿の実現、富士ゼ …

察してもらえる、ありがたさ

卓話をきっかけに、一昨年の秋から当塾にさまざまな支援をしてくださる東京ワセダロータリークラブ。 セカンドハーベスト・ジャパンを中心に廃棄食材をいただける体制になりながらも、肉や魚などのたんぱく質源への …

2017年度 授業スタート!

今年度の授業が始まりました。 Aクラス・Bクラス合わせて約50名の学習教材、そして保護者やスタッフを含めると70名ほどの給食準備は前日の用意も含めて予想以上にバタつきましたが、今年から通塾している子ど …

反射光と透過光の違いによる脳の認識と、当塾におけるタブレット有効活用方法 vol.01

私たち人間は、プリントアウトされた反射光のもとで読む文字情報(紙出力された文字やその他情報)に対し、脳生理学的には「分析モード」になり、心理的には「批判モード」になると言われています。 そのためデザイ …

【ブランディア様からの商品引き取り第一弾】フリマde教育支援 with ブランディア

先日のブログ記事にて紹介しましたが、12月5日(土),12日(土),19日(土)の11時から17時まで、CMでおなじみのブランディア様よりご提供を受けた商品のフリーマーケットをシモキタテラスの駐車場で …

記事カテゴリー

Translate:

◆ 映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆ 支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆ LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)