当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

塾長便り

「感性を磨け!『人生の楽しみ方』」ステップアップ塾通信vol.03 VOICEより転載

投稿日:2016年11月1日 更新日:

私とワカ先生は、2010年の5月から12月までの約7ヶ月の間に、自転車とリヤカーを使って47都道府県・日本一周の旅をしたことがある。目的は日本文化をテーマとしたドキュメンタリー映画を製作すること。自分たちで立案しスポンサーを募る、まさしく体当たりの企画である。

残念あがら帰京したその3ヶ月後に東日本大震災が起こり、製作資金の提供を約束してくれてた人の多くがスポンサーを降りてしまったため映画製作は延期となったが、その旅で私たちはたくさんのことを学んだ。

中でも特に印象深かったことを三つ挙げるとすれば、

  • 各県には素晴らしい食文化や歴史、地域を支える人がいる、ということ
  • 道路、屋根、水の出る環境は、先人が作り上げてくれたものだ、ということ
  • TVやインターネットなどで語られる情報の多くは嘘も多い、ということ

である。

普通の大学教育過程を修了しただけでは得られない、貴重な体験ができたことに感謝をすると共に、人生を面白くするのもつまらなくするのも自分の心がけ次第であり、多少の困難は乗り越えられることを私は改めて知った。

当塾では清掃活動やお茶会など、通常の塾では課外授業にすらならないような体験をカリキュラムに入れているのだが、そんな面倒なことをする理由はなにか?自分たちで考え、感じてみて欲しい。当塾を通じて大人たちが君たちを支援するのはなぜか。考え、そして感じることのできる感性を身につけよう。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

※2016年9月1日より、毎月紙媒体として発行されている学級新聞(4P〜6P)から、定期的に塾長担当記事の「VOICE」のみを転載しています。学級通信は、当塾への支援者を対象に送付、または授業参観にお越しの方への参考資料としてお渡ししています。

IMAGINATION_NovOL

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教育格差を語る上で、なぜか後回しにされる「子どもたちのココロ」

一昨日から、私が所属する(公社)日本ユネスコ協会連盟における2014年度の部会が始まりました。 そこで感じたことでもあり、かつ先日寄付目標額に到達出来なかったクラウドファンディング「ready for …

食育の難しさと、高まるオーガニック業界への期待

当無料塾は勉強を教えるだけでなく温かい給食を顔の見える人たちが作り、提供することにこだわりを持っています。 なぜなら、 安心しながら夕食を食べられる環境を提供することで、学生講師&スタッフと子 …

食事つき無料塾の塾長がコロナ禍で実行に移した、「狩猟」と言う選択

ご存知の通り2014年の開塾以来、当塾はいわゆる子ども食堂とは違う立場で活動する「食事つき無料学習施設」であり、塾にせよ自習室にせよ国内におけるその草分け的な存在であることに私はこだわりと誇りを持って …

【下北沢教室 生徒追い込み追加募集&給食ボランティア募集!】

寄付金の集まりが想定よりも少なく、積極的な塾生募集のできなかった下北沢クラス。 最近になってお弁当を運ぶことが資金的にもマンパワー的にも難しくなってしまったため、事業の継続性を高めるためにもせめて下北 …

継続したからこそ得られた、価値ある信頼

当塾を運営するNPO法人維新隊ユネスコクラブ(以下IUC)の設立10周年(&ステップアップ塾5期)を記念し、新宿御苑のアパホテル・ステーキ&ハンバーグ匠にて8月26日(日)にパーティを開催させていただ …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」


◆その他

▼生徒・保護者向けサービス
※ 2017年度

電話サポート(平日10-18)