当塾は家庭の事情で塾に通えない小・中学生を対象とした、個別指導型の「食事つき無料塾」です

塾長便り

察してもらえる、ありがたさ

投稿日:

卓話をきっかけに、一昨年の秋から当塾にさまざまな支援をしてくださる東京ワセダロータリークラブ。

セカンドハーベスト・ジャパンを中心に廃棄食材をいただける体制になりながらも、肉や魚などのたんぱく質源への出費が高く困っていたところを、「お肉の提供」と言う形で、現在も続けてご支援をくださっているのです。

生徒と講師を合わせて、70人ほどのお腹を満たす食事を毎回用意する運営サイドとしては、予算上どうしても安い鶏肉を選びがちでしたが、この時から給食がとても豊かになり、当たり前のことかもしれませんが、素材の味までもが美味しくなった分、塾内に笑顔が増えたのです。

「察していただける」安心感


それだけでも充分ありがたい話ではあるのですが、クラブ内の有志の方が定期的に当塾への視察をしてくださるようになり、実際の給食規模を見てくださった方々が、「あの肉の量では足りないだろう」と、10月から肉の増量まで決めてくださりました。

負担になり過ぎてもご迷惑だろうと相談を躊躇していたこともあり、この判断は本当に助かっています。

また9月の視察時に行った塾の説明の延長から、ちょうど団体内で購入をしたいと考えていたプロジェクターの話をしたところ、同クラブの中島会長が経営する会社でちょうどプロジェクターを買い換えたらしく、不要になる旧型を提供してくださる運びとなったため、昨日無事に引き取らせていただきました。

※中島会長の市ヶ谷、株式会社東海リライアンスにて。

八洋の後藤社長や会長はもちろん、他団体のみなさまが可能な範囲で「察してくださる」機会を作ってくださるため、それこそ私自身も誰かに見守られている安心感を感じるようになりました。

この安心感こそ、当塾の支援対象でもある子ども達に必要な支援の本質なんだよな、と改めて思いつつ、この場を借りて結びのお礼とさせていただきます。

本当にありがとうございます。

ステップアップ塾 塾長 濱松 敏廣

 

 

-塾長便り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「教育格差の現実とステップアップ塾の事例紹介」を終えて

ステップアップ塾も、今年でいよいよ5期目を迎えました。 たかだか5年の実績とは言え、年間40人以上の子ども達や保護者達と定期的に向き合う中で、教育機会が不均衡(教育格差)となる彼らの複雑な背景に目を向 …

2014年度の生徒から届いた嬉しい報告 〜面談期間の一コマ〜

3月に入ってから月〜木の19時以後、ほぼ毎日30分単位で新年度の通塾希望者と三者面談をしています。 いつもはほぼ新規通塾希望者の面談で予定は埋められているのですが、今日は4件の面談のうち2014年度か …

教育格差を語る上で、なぜか後回しにされる「子どもたちのココロ」

一昨日から、私が所属する(公社)日本ユネスコ協会連盟における2014年度の部会が始まりました。 そこで感じたことでもあり、かつ先日寄付目標額に到達出来なかったクラウドファンディング「ready for …

塾の発展を後押ししてくれる、さまざまな「支援の輪」

2017年12月21日。 今年のステップアップ塾が終了しました。 例年、年内最後の日は授業を少し早めに切り上げ、学生たちが主催となってクリスマスパーティーを開いてくれるのですが、今年はなんと有志の学生 …

SUJ町田 水耕栽培Laboの完成

  新宿御苑イベントのほぼ同時刻、電気大の佐藤教授ご指導のもと、何かにつけてご支援してくださる北島先生と塾講師の熊谷先生が先日のHydroponicsシステムを仕上げ、ステップアップ塾の町田 …

記事カテゴリー

Translate:

◆映像紹介

▼2018年放送日テレ「すけっと」公式ダイジェスト

▼2015年製作


◆支援をする

▼クレジットカードで寄付

▼口座振込で寄付

▼携帯電話支払いから寄付
▼塾が必要とする物資で支援
▼持っている本で塾に支援


◆登録をする

▼塾生申し込みフォーム
▼ボランティア登録フォーム


◆LINK

▼運営「NPO法人維新隊ユネスコクラブ」

▼自習室「STUDY CAMP」

電話サポート(平日10-18)